仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎住宅を購入したら備えておきたい火災保険や地震保険について

住宅を購入したら万が一の災害に備えるためにも火災保険や地震保険に加入しておきたいところです。
もっとも、保険料の支払いも気になることから、どんな保険にどう加入するのか気になるところです。
入っていたほうがいいのという疑問も含めて、住宅に関する保険について理解しておきましょう。

・住宅ローンを使うと火災保険の加入は必須

住宅を購入する際は住宅ローンを利用する方が多いですが、住宅ローンを利用する際は火災保険の加入が基本的に必須となります。
なぜかというと銀行は住宅ローンの返済が滞ったときに備えて住宅に抵当権を設定して担保に入れていますが、もし火災や災害で失われてしまうと住む場所がないのに、住宅ローンだけが残ってしまう事態に陥ります。
これを避けるため火災保険の加入を契約者に求め、万が一の場合に保険金でローンが返済できるようにしているのです。
そのため、銀行で勧められる火災保険に入る方も多いですが、自分で比較検討して選び、契約した旨を示す書類を銀行に提出する形でも問題ありません。

・火災保険の補償内容や地震保険の特徴について

住宅ローンを利用すると火災に備えた補償を付けることが求められますが、その他の補償内容や地震保険を付保するかは、購入者の自由な選択に委ねられます。
この点、一戸建てで低地にある場合などは水害の補償も付保したほうが望ましく、その分、保険料が高くなってしまいます。
ですが、マンションの場合、海の近くや川沿いの下層階などを除けば、通常、水害のリスクはないので水災補償を省くことができ、その分、保険料を安く抑えられます。
マンションの場合、木造の一戸建てに比べて耐火構造となっているため、火災保険の保険料も安く、コスト負担が低いのが魅力です。
木造住宅の場合、近隣からの類焼リスクも高いですが、マンションの場合は出火した住戸の内部は激しく燃えたとしても、隣室に類焼するリスクが小さくなっています。
一方で、上階の住戸から水漏れすることや、下階に水漏れさせるリスクがあるため、水漏れの補償は付けておくことをおすすめします。
なお、住宅ローンで求められる火災保険はマンションなどの建物だけで、家財について加入するかは購入者の自由です。
建物と家財は別に加入手続きが必要なので、上階からの水漏れで家財の損害をカバーしたい場合には家財についても、様々な補償が付けられる住宅総合タイプの火災保険に加入しておくといいでしょう。
地震保険については地域によって保険料が異なりますが、やはり倒壊リスクの高い木造住宅に比べると、耐震構造のマンションは保険料が抑えられるので入りやすくなります。

コラム一覧