仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎中古物件をお安く買って自分好みにリノベーション

貴方なら新築と中古ならどちらのマンションを選びますか。
新築のほうがいいに決まっていると考える方もいますが、最近はお安く中古マンションを買って自分好みにリノベーションすることに人気が高まっています。
人気を高める中古リノベーションの魅力についてご紹介します。

・納得の中古をお安く買ってリノベーションにコストをかける

新築のほうが高性能でお洒落と考えるのはもっともなことかもしれませんが、新築分譲マンションの場合、竣工前に契約するのが一般的で実際に中を見て買えるわけではありません。
そのため、実際に完成してみたら、思ったより狭く感じる、パンフレットとイメージが違うと後悔される方も少なからずいます。
中古物件のメリットは実際に建物の外観から内部まで見て買え、新築物件よりお得に買えることも魅力です。
お安く買った分、リノベーションに費用をかけることで、ご自身やご家族の希望や好みによりマッチしたお住まいづくりができます。

・間取り変更から自分好みに

マンションは構造や間取りが決まっていて、思ったような家にならないのではと考える方もいるようですが、間取りから変えられる構造のマンションもあります。
スケルトンリフォームといって、いったんコンクリートなどをむき出しにして全体の部屋の位置や間取りを変えることもできます。
配管などがあるので水回りの位置は動かせない場合もありますが、たとえば、3DKを2LDKにしてリビングを広くすることや、逆に間仕切りをして1部屋増やすといったこともできます。
築年数の古い物件には和室があることも多いですが、和室をフローリングの洋室に変えることも可能です。
もちろん、和室を残して畳を変えることや、お洒落な雪見障子や好みのデザインの襖などに交換することも可能です。
水廻りも最新の浴室乾燥機付きのユニットバスに変更することや、トイレをバリアフリーやタンクレスなどに変えることや、キッチンをオープンキッチンやカウンターキッチンなどに変えることも可能です。
洗面台も収納やミラーが整ったタイプに一新し、システムキッチンも食洗機付きやビルトイン浄水器や生ごみ処理機付きなど、マンションの購入費用を抑えた分、高性能で奥様やお子様などの希望にあったタイプにすることができます。
気軽なリフォームとしてリビングや洋室のフローリングの風合いやカラーを変えたり、壁のクロスを変えたりもできますし、ピクチャーレールを付けたり、備え付けの戸棚やクローゼットなどの収納を増やすことも可能です。
段差を解消する、間口を広くするなどバリアフリー化もでき、高齢になっても安心して住める自分好みのマンションへと変えられます。

コラム一覧