仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎シニアの食事は美味しく楽しく簡単にが基本です

食事は、毎日を健康に過ごすためにとても大切です。
ただ、年を重ねてくると自炊が面倒になったり、買い物に行くことが負担に感じたりすることもあるでしょう。
身体の変化と上手に付き合って、いつまでも食事を美味しく楽しく味わうためのポイントについてみていきましょう。

・食材の調達について

高齢になると、体を動かすのが億劫と感じることが増えていきます。
一人暮らしの場合は、食料品の買い出しがとくに負担になるでしょう。
かと言って、外食の多い生活ではお金がかかるだけでなく、野菜不足など栄養バランスの面からも不安があります。
運動量が落ちて胃腸の働きが滞りやすい高齢者は、とくに野菜やキノコなどを意識してとることが望ましいのです。
近くにスーパーがあるなら、なるべく小まめに買い物に出かけ、新鮮な食材を入手するとともに、運動不足の解消に努めてみてはいかがでしょうか。
もしも、近所にスーパーがない場合は、食材の宅配サービスを利用するのも一つの方法です。
今は、専門の食材宅配業者だけでなく、ネットスーパーやコンビニエンスストア、インターネットのショッピングサイトまで幅広い宅配サービスを行っています。
これらのサービスを上手く利用して、便利で快適な食生活を実現しましょう。
また、最近ではコンビニでも生鮮食品を扱っている場合や、栄養バランスの整ったお弁当を販売しているところも増えています。
散歩がてら店頭の食品をチェックしてみると、思わぬ発見があるかもしれません。

・自炊は簡単で美味しいことが大切

シニアになってくると、毎日自炊をすることもだんだん負担になっていきます。
料理作りが面倒にならない最大のコツは、なんといっても短時間で簡単に作れるということでしょう。
もちろん、美味しいことが絶対条件となりますし後片付けが楽なことも重要です。
最も身近で簡単な調理家電と言えば電子レンジでしょう。
今は、一人分のご飯もレンジで作れる専用容器などもあります。
シリコンスチーマーがあれば、野菜や肉、魚など、お好みの食材と調味料を加えてレンジでチンするだけで美味しいメイン料理が完成します。
そのまま食卓に出せるデザインのものが多いので、洗い物も少なくなり一石二鳥です。
また、オーブン機能の付いたレンジなら、一見手の込んだご馳走も簡単に作れます。
プレートに食材を並べ温度と時間を設定すれば、料理が出来上がるまでキッチンにいる必要もなく、時間が有効に使えます。
心豊かな食生活のために、調理家電をもっと活用してみてはいかがでしょうか。

コラム一覧