仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎老後の選択はどちらがいいのかを考える

今、子供たちが巣立って空き部屋が多くなった一戸建て住宅から、夫婦二人で暮らすのに必要な部屋だけのマンションに引っ越すシニア世代が増えています。
老後の住まいに老人ホームという選択肢もあることを考えると、マンションとどちらがよいのか、検討する余地がありそうです。

◎老人ホームかマンションか

昨今、まだまだ元気で健康なうちから入れる老人ホームというものが人気です。
居住空間はそれぞれプライバシーが保たれたマンションの一室ですが、手すりが付いていたり、介護職員や看護師がいて、安心して暮らせることがメリットです。
一方で、介護サービスの提供があることから、入居にあたっては普通のマンションよりも高額になることが多いですし、毎月の経費も介護サービス料金を含んで高くなることがあります。
まだ元気で介護サービスを受ける必要はないという人であれば、仮に戸建て住宅から集合住宅へ引っ越すにしても、普通のマンションで十分暮らしていけると思われます。
ただし、その際にはシニアが暮らしやすい低層マンションを選んだり、買い物ができる商業施設が近くにあり、さらに交通の便がよいところを選ぶことが大事です。
そうした場所であれば、医療機関や公的施設が近くにあったり、あるいは公共交通機関を利用して行くことができますので、歳を取っても安心して暮らしていけます。
老人ホームの場合、外出の際には届け出が必要などの制約もありますので、自由に暮らしたい人には息が詰まることもあるかもしれません。
老人ホームではなく、シニア向けマンションを選べば、自由に、そして自立した老後が過ごせる住まいになると思われます。

◎元気なうちは自分のことは自分で

介護サービス付きの老人ホームは、安全で安心した暮らしを提案してくれる一方で、どこへ行くにも届出が必要になります。
また、入居者が集えるようにリビングルームに当たる場所が設けられているため、たまにはそこへ行ってコミュニケーションをはかることもしなくてはなりません。
歳を重ねると、それぞれが譲れない信念を持っていますので、時には衝突もあるでしょう。
こうなると、クオリティ・オブ・ライフを上げるはずが、暮らしにくさを感じる可能性もあります。
その点、マンションならせいぜい両隣と挨拶する程度でいいですし、シニア向け低層マンションであれば、似たような年代、同じような理由でマンションに引っ越してきたという人と、意気投合できるかもしれません。
何より、どこかへ出かけるにあたって誰の許可もいらず、自分の自由意思で出かけられることの自由さは、マンション住まいならではのメリットです。

コラム一覧