仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

賃貸VS購入 いったいどっちがおすすめなの!?

賃貸と購入どちらがお得なのかは、よく雑誌やネットでも特集されるテーマの1つです。
その方の価値観やライフスタイルによっても異なりますが、一生賃貸で暮らしていくのか、それとも購入するのか、それぞれのメリットとデメリットを比較しながら検討してみましょう。

・賃貸のメリットとデメリット

賃貸のメリットは気分に合わせて住み替えすることもでき、転勤族など引越しが多い方にも気楽です。
独身時代、新婚世代、子供の誕生など家族構成に合わせて、より広い部屋や通勤しやすいところ、子育てしやすい環境へと気軽に住み替えできるのもメリットです。
賃貸住宅の住み替えにあたっては礼金や敷金の準備も必要になりますが、最近は礼金不要の物件も増えており、敷金は大きな問題がなければ返還されるルールになっています。
安いアパートから高級賃貸マンション、貸家まで収入やニーズに合わせて選べるのも魅力です。
一方で、どんなに家賃を支払い続けても自分のものになることはなく、高齢になると新たな物件を借りるのが難しい現状が問題となっています。
孤独死のリスクなどを不安視し、貸したくないオーナーさんや不動産会社が多いためです。
また、高級賃貸マンションなどを除き、住宅の構造やグレードが低い場合が多く、隣室や上下階の生活音が聞こえやすく、住民間でトラブルが生じることもあるので注意が必要です。

・購入のメリットとデメリット

これに対して購入すれば、グレードの高い分譲物件に暮らすことができ、生活音なども気にならず、自分の資産とすることができ、お子様世代に相続させることもできます。
一戸建てとマンションか迷う方もいると思いますが、マンションは修繕積立金を計画的に払っていくことで、メンテナンスなどもしてもらえる点が便利です。
不安な住宅ローンも購入時にしっかり計画すれば返済に困ることはなく、万が一、返済中に事故や病気で亡くなることがあった場合、団体信用生命保険によって保険金でローンが完済されるので、残された家族が住宅を確保し、生活の拠点を守ることができます。
これは賃貸とは大きく異なるところで、家族がいる方にとってはメリットの1つです。
一度購入すると住み替えがしにくいというデメリットがありますが、転勤時には賃貸に出して家賃収入を得ることもできますし、信頼ある不動産会社のサポートを得れば、売却して新たな物件の購入も可能です。
高齢になっても追い出される心配はなく、バリアフリー物件に暮らせば、老後も安心して暮らせます。

コラム一覧