仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎マンションへの住み替えを安心の売買システムでサポート

一般的なイメージとして若い世代は都会のスタイリッシュなマンションでスマートに暮らし、シニア世代はお庭で盆栽やガーデニングをのんびり楽しみながら縁側でお茶を飲む一戸建てでの暮らしが思い描かれます。
ですが、実際のニーズは逆で若い世代ほど庭付き一戸建てに憧れを持ち、シニア世代ほど便利な都心部でコンパクトな暮らしが実現できるマンション暮らしに希望を持っています。
そんな世代の橋渡しをするのがハコイチです。

・資源の有効活用で世代をつなぐ

ハコイチでは世代をつなぎ、地球環境にも優しい空間循環システムの不動産売買市場を整え、若い世代がマイホームを気軽に取得できる環境と、シニア世代が安心して一戸建てからマンションへと住み替えることができる提案をいたします。
空間循環システムとはどのようなものかといえば、これまでシニア世代が暮らしてきた地方や住宅街にある一戸建てを若い世代へと売却するお手伝いと、若い世代が独身時代や新婚時に購入した、やや手狭になったマンションをシニア世代へと譲り渡すための売買のサポートを同時に実現させることで、住宅という社会的資源における無駄のないスムーズな循環をはかり、不動産の有効活用を図るというシステムです。

・予算が気になる方も安心の住み替え

シニア世代はこれまで、お子様が伸び伸びと暮らせる場所として住みやすい地方や学校に通いやすい住宅街などを選んで、憧れていた庭付きの一戸建てを手に入れて過ごしてきました。
一方で、近年、晩婚化が進んでいる若い世代では独身時代に1LDKのマンションを購入し、結婚しても夫婦での共働きを基本にして職場に通いやすく快適な都心部に手頃なマンションを手に入れて暮らしてきました。
ですが、お子様が独立して老夫婦だけになった場合や、配偶者に先立たれて一人だけになったシニア世代では、庭付き一戸建ては広すぎ、掃除や管理の手間もかかるうえ、移動距離も阻まれて生活も不便になってきます。
一方の若い世代も子供が生まれて家族が増えるなどしてライフスタイルが変わってくると、都会から少し離れたところに広い一戸建てが欲しくなってきます。
それを繋ぐのがハコイチの空間循環システムで、シニア世代が手放したい一戸建てと若い世代が手放したいマンションの融通を実現します。
もちろん、これまで賃貸暮らしだった若い世代が一戸建てのマイホームを手に入れたい際も、シニア世代が手放す中古の一戸建てを低コストで気軽に手に入れる架け橋にもなっています。
つまり、シニア世代の住み替えと若い世代のマイホームを取得がスムーズにできる環境がハコイチには整っているのです。

コラム一覧