仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

シニアには中古マンションが人気?!

郊外の広い戸建を売却して、便利で平坦で車の必要の無い場所での中古マンションが60代以降のシニア世代に人気です。

中古マンションはほとんどがRC造のもので、木造住宅に比べると頑丈で燃えにくい建物ということで、いい場所であれば、資産価値の低下が緩やかなこともあり人気です。
現在お持ちの戸建てなどの売却資金を充当して購入する方が多く資金的な不安もそれほどなくお住み替えが可能です。
住み心地も家の中に階段がなく、1フロアーで全てのことが足ります。掃除も楽ちんでや洗濯などの干す際も段差が少なく安心です。木造住宅よりも気密性が高く冬も暖かい点も喜ばれています。
また、セキュリティ対策も戸建てだと、四方に窓や扉がありますがマンションにはオートロックなど外部との入口にロックを設けていますし、一般的に外部からの侵入はバルコニー窓しかありません。
今までは、マイホームは終の棲家ということでしたが、最近ではライフスタイルに合わせて住む場所や間取り変更しながら老後のライフスタイルを有意義に過ごす方が増えてきてると思います。
また、古く大きな戸建ては次のヤング世代が再度リノベーションし新たな付加価値を付けて再活用してゆく流れになっていくと中古不動産の活性化にもつながりますし、空き家問題などの社会問題の解消につながっていくことになりますので、シニア世代のお住み替えは不動産業界にとっても熱いマーケットになっております。

コラム一覧