仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎本気の値引き交渉

今回は価格交渉についてお話させて頂きます。

ポイントは大きく2点あります。

①値引き交渉はどこまでできる?できない場合?

②値引き交渉の成功率UPの心構え・準備

①値引き交渉ははどこまでできる?
・中古マンションや戸建ての購入時に少しでも安く買いたいのは
誰もが切に願うことだと思います。
中古物件には、ある程度の相場はありますが、定価というものはありません。
ハコイチのように仲介手数料を最安値で且つ価格の値引きもできたら
コストパフォーマンスはMAXになると思いますよね。

目安として分かりやすいのは、売り出ししてからの期間が左右してきます。
当然売り出して、半年、1年近くたっている物件はある程度相談には
乗ってもらえると思います。
売主が不動産業者なら売ることは確実ですので、ある程度交渉は出来ますし、
端数値引き(2,980万円→2,900万円)は想定内で価格を設定しているケースはよくあります。

ただ、売主がエンドユーザーの場合は、そのオーナー様の状況によります。
残債も抱え、ある程度処分したい意向があれば、応じると思いますが、
残債もなく、いい値段で売れたら売るというような売主様場合は正直厳しいですね。
また、買換え等で残債が割れが発生し資金ショートする場合も厳しいです。

②値引き交渉の成功率UPの心構え・準備

値引き交渉にあたりお客様がすることは・・・

☆購入意思を示すことです。
具体的には購入申込書に署名押印していただきます。
売主様に対して「この価格なら確実に購入しますので、この価格にして下さい!」
という意思表示のことです。
逆にこの価格にならなければ購入しませんという話でもいいということになります。
一番困るのは、値引き交渉だけしておいて、買うどうかはまだわかりませんという状況です。
このケースは我々仲介会社が売主様の信用を無くしてしまいますし、売主様対して失礼になりますので、
避けていただきたいと思います。

☆ローン事前審査・資金計画済
購入申込書を提出する際に、契約日・大まかな決済日の確定を求められます。
売主様の関心事項はいつ契約でき、いつ引き渡せるかが論点になります。
その為にも、ローンの事前審査は売主様への安心につながる大きなポイントになります。
値引き許可で契約したはいいけど、ローン不可で解約となると本末転倒です。
また、現金購入の方はいつ資金調達ができるかを明確にすることで、値引き交渉
の可能性が高まると思います。
あと、お金の発生時期にも触れておきます。
・購入申込時は基本的にお金は発生しません。
・契約時は手付金が発生します。金額はケースバイケースですが、100万円程度~物件金額の10%程。
・決済日には最終金(残金)と諸費用等残りのすべての金額です。

③注意点
最後に注意点をお話します。
売主様の考え方やタイミングにもよると思いますが、仮に値引きが了承してくれた場合でも、
同じタイミングで他のお客様がそれ以上の金額で申込書が入った場合はそちらが優先される事も
あり得ます。
こちらが1番手の場合は、2番手の方の金額が知らされて逆に交渉されます。売主様は当然高く売りたい
訳ですからどちらか高い方という事になります。
あくまでも、同タイミングという事ですから、契約が終了していればほぼ覆る事はありません。

以上あくまでも一般的なお話です。
運とタイミングもあると思いますので、人事を尽くして天命を待ちましょう。

コラム一覧