仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎防犯対策リフォームの必要性

空き巣などの被害は年々増加傾向にあり、さらに侵入窃盗事件も東京などの都会を中心にかなり多くなっているようです。
また少し前までは鍵をかけなくても出掛けられるような田舎でも、最近では空き巣の被害が確認されていて、今では住まいの防犯対策が注目されています。
空き巣に入られないためには鍵をかけることはもちろん重要ですが、それだけでは空き巣被害を完全に防止することはできません。

警察の調査によれば、侵入犯の手口は戸建て住宅の約6割がガラス破りで、マンションの場合は約4割がガラス破りで、その次に無締り、それに次いでサムターン回しとなっています。
したがって防犯リフォームをするにしても、それぞれの住まいの事情にあった対策を考え実行しなければいけません。
戸建てマンション共に最も高いガラス破りを防ぐためには、防犯フィルムや補助鍵や防犯ガラスなどが有効になります。
その他にも窓用センサー、シャッター雨戸など最近ではいろいろな防犯対策ができるようになっているので、予算に合わせて最善の方法を選んで防犯リフォームを行って下さい。

防犯リフォームを行う場合は、防犯対策に詳しいリフォーム業者を選ぶことが需要になり、経験豊富な業者であれば様々な防犯対策グッズやいろいろなアイディアを持っています。
最近では防犯対策に詳しい業者も増えていて、インターネットで検索すれば、容易にそのような業者を探すことができます。
防犯対策リフォームはなるべく早めに行うことをおすすめします。

ハコイチでは「安心サポート24」というサポートを管理会社と業務提携し、より安心に快適に生活して頂くためにサービス提供をしてゆきます。また警備会社「アルソック」とも業務提携することによりこれからの時代のニーズに合わせてセキュリティ対策対策にも貢献していきたいと考えておりますので、今後住宅をご検討のお客様に安心・安全を提供していけるようなサービスをプラスして提案して参ります。お客様のご不安点やご不明点などのご意見もお聞かせください。

コラム一覧