仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎高齢化で気になるシニア向けの安心リフォームを考えよう

高齢化や介護問題が注目を浴びているなか、老後を何処でどのように過ごすかが関心事となっています。
多くの方は自宅での生活を望みますが、環境が整っていないと高齢者のみの生活やお一人暮らしが難しいばかりか、介護をする家族にとっても負担となります。
安心、安全の間取りや環境づくりに向けたバリアフリーリフォームを検討しましょう。

◎シニアに安心・安全の間取り

年齢を重ねると身体能力が低下し、わずかな段差でもつまずきやすくなったり、室内でも転んで骨折してしまい、そのまま寝たきり介護になるリスクが大きくなります。
また、支えがないと一人では移動が難しくなるなど、若い頃とは事情が異なってきます。
シニアが安心して安全に暮らしていくためには、フラットな構造や手すりなどの支えになるものの設置、なるべく邪魔になる物を置かない住まいが求められます。
高齢になるほど和室が必要と思われがちですが、実はシニアの生活は洋風のスタイルのほうが安心で使い勝手がいいことが多いのです。
身体能力の低下や足腰の痛みなどで、和室に座っての生活が難しくなり、寝起きも布団では起きるのに一苦労です。
そのため、和室を洋室に変更し、段差もなくしてつまずきを防止し、家のなかで車椅子でも過ごせるよう引き戸にしたうえで、転んでもダメージが抑えられるクッション性の高い床や床暖房を備えたフローリングなどにして、電動ベッドなどを導入できる間取りにするのがおすすめです。

◎介護がしやすい環境作り

和の空間が落ち着くというシニアも多いので、全てのお部屋を洋室に切り替える必要はありませんが、基本的に生活の中心になる部屋は段差をなくしたフローリングがおすすめです。
特に車椅子を利用される場合には畳の部屋では走れないため、洋室化が求められます。
また、一戸建ての場合に寝室が2階にある場合、高齢になると階段の昇り降りが難しくなり、家族や専門の訪問介護スタッフから介護を受ける際にも負担がかかりますので、寝室を1階に移動させるなどのリノベーションも求められます。
これまで応接間や居間として使っていたお部屋を寝室に変更する、家具や家電製品などつまずきやすいものや、車椅子が通るのに邪魔になるものなどはなるべく置かずに広々と使えるよう空間を有効活用する、収納スペースを新たに設置するなどして部屋の中に荷物が散乱しないようにするなどの工夫が求められます。
さらにお風呂やトイレのバリアフリー化、老化への手摺りの設置など、シニアにとっても、介護する立場の方にとっても利用しやすい間取りや設備を目指しましょう。

コラム一覧