仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎シニアが暮らすのに最適なゆとりある間取りや好みに合わせたリノベーション

シニアにとっての理想はいつまでも元気で、安心で快適なマイホームに住み続けることではないでしょうか。
できることなら介護施設のお世話にならず、悠々自適に過ごしたいものです。
そのためにはいつまでも元気でいることに加えて、快適な環境を整えることが求められます。
年齢とともに身体能力が低下しても自分の力で快適に暮らせる、安心の環境をハコイチのマンションで手に入れてみませんか。

・ゆとりある間取りで終の住処にもおすすめ

シニアにとって住みやすい居住空間とは余計な段差がなく、移動がしやすく、移動距離も抑えられ、掃除もしやすく、コンパクトに住める住まいです。
つまり、バリアフリー設計で、ワンフロアで暮らせるハコイチのマンションはシニアに最適な住宅環境を提供してくれます。
将来、車椅子でも生活できる環境が整えば、無理に介護施設に入所しなくても、マイホームでの夫婦水入らずや、お孫さんの顔を見ながらの暮らしも実現できます。
そのためにもハコイチではゆとりのある間取りを提案しており、車椅子で移動しやすい廊下の幅や間口、トイレやバスルーム、リビングや寝室も広々とさせることにこだわっています。
中古のマンションもスケルトンリフォームで、間仕切りを外して間取り変更や廊下の幅などを広げることもでき、車椅子での移動や介護者のサポートも受けやすい居住空間の確保で、万が一、介助や介護が必要になった際にも可能な限りマイホームでの暮らしを実現します。

・安心の空間を自分好みにリノベーションも可能

マンションは構造的に耐震性や耐火性が高いため、一戸建てに比べて地震や火災などのリスクに備えられ、身体能力の低下で避難がしにくくなる高齢者も安心して住めます。
また、一戸建てに比べて構造上、気密性や断熱性も高いため、冬場は温かく夏は過ごしやすいのも魅力で、ヒートショックや熱中症などの高齢者に多いリスクも小さくできます。
さらにハコイチのマンションでは住み替えをする前に、自分好みのリノベーションもできます。
ゆとりある間取りを実現するために、3LDKの空間の仕切りをとって広々とした2LDKにしたり、和室をなくして車椅子での移動や介護ベッドなども置きやすいフローリングだけのお部屋にしたり、段差のない落ち着きのある和室を造ったりもできます。
子育て中とは異なり、シニア家族だけであれば、部屋数もたくさんは必要なくなりますので、リノベーションによって、よりゆとりある間取りを作ることができます。
お孫さんが遊びに来た時も安心してはしゃぐことができ、楽しい老後が過ごせることでしょう。

コラム一覧