仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎マンション購入時に駅距離って大事?!

マンション購入は人生の一番大きな買い物です。購入の際の条件には人それぞれいろいろな要素があると思います。そこで間取りや設備の好みや使いやすさも大事だと思いますが、正直、内装は住んでからでもリフォーム工事によっていくらでも変更が可能です。物件を選ぶ際には出来れば変えることのできない要素に注意を払うべきと考えます。我々不動産のプロの目から言わせていただくとやはり立地の要素が高いと思います。
それも、最寄り駅からの駅距離や複数路線利用可などの要素は高いと感じています。ただ駅距離もただ単に近ければ良いということではありません。駅前は大体商業地域に指定されていることが多く、マンションの目の前にパチンコ店や風俗店があると必ずしもいいとは言えません。人通りも多く単身の方なら気になりませんが、ファミリー向けマンションだと難しいと思います。逆に駅徒歩10分を超えるとやはり歩く距離が気になります。不動産の表記では1分80m計算となっています。これは不動産公正取引協議会という団体が決めた成人男性が平坦な舗装道路を歩くときの数値で坂や高齢者、子供などの条件は考慮されていませんので、一般的にはやや早歩きといった感じでしょう。これらの点から駅から距離は3分程度~10分以内が概ね良好な場所だと思います。あと、建物の周辺環境も大切な要素です。マンションの前にガソリンスタンドや工場があるのも良いとは言えませんし、大きな駐車場や空き地のある場所も将来何か建物の立つ可能も十分ありますので注意すべき点と思います。また、自然災害の点に注目することも必要だと思います。各自自体は発表している「ハザードマップ」が参考になります。「ハザードマップ」とはどの地域がどのくらい被害を受けるかを想定したものです。ただ、横浜エリアは山が多く高台の眺望のいい場所などはほとんど土砂災害警戒区域に指定されていることが多くあります。ただ、そのような地域でも古くからそこに住んでいて過去大きな災害にあったことのない地域もたくさんありますので一概に危険とはいえないと思いますし、今後大きな地震がくるような予想もされていますのであまり神経質になると何処も検討できないといったことにもなりかねません。その辺はご自身の価値観などを考慮して判断していただきたいと思います。

コラム一覧