仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

住宅購入頭金0でもいい!?

住宅購入の際にはお部屋探しの楽しみもあれば、資金計画という問題も同時に発生してきます。
お金
シニア世代で持ち家売却資金でお住み替えなんて方はいいと思いますが、基本的に自己資金一部と住宅ローン併用という方がほとんどだと思います。

そこで本当に頭金0でも問題ないのでしょうか?

いろいろな考え方があると思いますが、低金利の住宅ローンが組めるならいいかと思います。

頭金と言っても厳密にいうと、4,000万円の価格に対して400万円を入れるような物件価格に対して充当する金額と、諸費用(登記費用、仲介手数料、火災保険など)は別のお金になります。

以前は諸費用は住宅ローンの中には入れられるないので別の高い金利を設定されることがあり、支払総額にインパクトがありましたが、今は低金利の住宅ローンの中に諸費用も組み込むことができますので頭金0のハードルは下がっています。

メガバンクなどはかなりの低金利の住宅ローンで今は0.6%台の変動金利など当たり前となっております。

仮に0.6%で100万円を組んだ場合35年ローンで月々の支払いは2500円程度なので自己資金を投入するよりか、組んでしまってもいいかと思います。

これだけ低金利であれば、仮に自己資金が300万円程あったとしてもお手元に残しておいた方がいいかと思います。

さて、これらは借りる側の考え方ですが、銀行側はどう考えるでしょうか?

銀行側としても融資額が増えるのはOKです。

ただ、この考え方は上場企業や公務員、医療関係者などの安定した優良な顧客に対しての考え方です。

年収が低い方や勤続年数の短い方、自営業者の方に対しては厳しい目で見てきますので、一概に頭金0で組めるとは言い切れません。

金融機関によっても審査基準は異なりますし、そもそも諸費用は住宅ローンに組み込めないケースもありますので気に入る物件が見つかったら資金計画を検討する際に自分にとってどこの金融機関がベストかはよく相談しながら進めていきましょう。

コラム一覧