仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

中古マンションの値引き交渉ってできる?!

中古マンション購入の際に係る費用として仲介手数料があります。

この金額は法令で決められていて物件価格×3%+6万円となっています。(税別)

この金額については仲介手数料の上限であり、この金額を超えなければいいのです。

空間市場ハコイチでは売主様が不動産業者のリノベーション物件であれは基本的には無料です。お金では、その金額とは別にマンション自体の価格はどうでしょうか?

当然ながら価格の交渉は仲介手数料の金額にかかわらず行います。

ただ、実際にマンションの金額が下がるか下がらないかは、売主様の状況によって異なります。

1.売主様が不動産業者の場合は価格交渉はし易いです。

それは、事業として行っている為、当然ながら利益も大切ですが、在庫物件を回転させていかなくてはならないので、ある程度は相談に応じてもらえるケースが多いです。

もちろん、売り出し初めの物件や、既に値引き後の物件は難しいと思います。

2.売主様が個人の場合は様々なケースがあります。

例えば、買い替えで既に次の物件が決まっていて、ダブルローンなどの期限がある場合はそれなりに応じてくれるケースはあると思います。

しかし、物件の残債もなく、実家など次の物件の手配なども済んでいる場合は、価格を下げてまで売り急ぐ必要のない方は難しいと思います。

また、相続などで権利関係者が何人もいる場合も同様に価格のイニシアティブを握ることは困難だと思われます。

これらのことから値引き交渉には物件の販売期間や売主様の状況等、仲介業者とよく打合せを行い対策を練る必要があります。

また、こちら側にも当然準備することが必要です。

1.資金計画です。頭金の額やローンの利用可否も明確にしておきます。

ローンを利用する場合は、銀行の融資承認も書面で貰っておいた方が交渉に役立つと思います。売主様も値引きに応じるということは確実に購入頂けるというエビデンスをもって値引きの決断の材料となるわけです。

2.スケジュール。

値引きに応じた場合に、いつ契約出来て、いつ引渡しができるかもある程度確定させなくてはいけません。

それは契約書に契約日や手付金の額、引渡しの日を記載する為に申込書にある程度確定させた情報が必要となります。

大きくはこの2点が最低価格交渉時には明確にしておいた方が良いと思います。

 

コラム一覧