仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

リフォームで室内の劣化をキレイに整えることで資産価値が高まります

中古マンションの場合、築年数が経過していればいるほど壁や床のフローリングが古びてしまって生活感が出ていることがあります。

こうした室内空間の劣化が資産価値にとってマイナスになってしまうことがあります。

定期的にリフォームをしておくことでマンションの価値を落とさずに、高めることができます。

こうしたリフォームをする際に気をつけたいのが一般的に好まれるデザインを選ぶということです。

資産としての価値は多くの人に望まれるマンションかどうかということになりますので、個性が強すぎるリフォームではふさわしくありません。

マンションの立地のエリアの需要を把握して、購入層に合った仕様のリフォームをすることが大切です。

必要最低限のリフォームで済ませたい場合にはキッチンやバスルームなどの水回りだけでもリフォームしておくと印象が良くなり物件としての価値を高めることができます。

また断熱性、防音性を高めるリフォームなどもマンションへの需要を高め価値を上げる方法となります。

中古マンション リフォーム

 

また最新の生活便利設備を入れることで資産価値が高まります購入する住まいを決めるときに気になるのが生活を便利にしてくれるさまざまな設備です。

生活便利設備は毎日の暮らしをより快適で便利にしてくれますので人気家電などの設備を入れておくことで資産価値を高めることができます。

自動食器洗浄機や浴室乾燥、オートバスなどは家事の負担を軽くしてたり生活を快適で便利にする人気のある設備です。

リフォームの際にこうした生活便利設備を導入することで特に主婦層や共働きの夫婦世帯から人気のある物件にすることができます。

 

コラム一覧