仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

地域密着型不動産会社って!?

住宅購入を検討している方であれば、不動産会社が良く使うセールストークで「地域密着」という言葉を耳にしたことがあると思います。
横浜マンション中庭
なんとなく、地域に精通していて物件情報も掘り出し物を持っていそうな雰囲気を感じてしまいますが、ご存知の通り物件情報は、不動産業者の共有のデータベースである「レインズ」に公開されています。

それら不動産情報は、どこの業者でも紹介ができるようになっていますので、地域密着型の業者固有の情報というのは、ほとんど期待できません。

一般的な不動産会社は、自分の事務所がある駅かもしくは両隣2~3駅程度を商圏としています。

例えば、関内駅の不動産会社が「一度、川崎もご検討してみては?」とは絶対に言いません。

本牧エリアで戸建てを探しているお客様に対して、「ここは、交通の便が良くないので新横浜を優先的に検討してみては?」とは絶対に言いません。

大手でも、店舗ごとに営業目標を持っていますから、「エリア変更=自分たちのお客様ではない」と思っています。

地域密着と聞くと響は良いですが、それが裏目にでていて、他の地域の不動産相場には疎く、近視眼的な情報提供になってしまっている可能性も大いにあります。

価格の妥当性を検証しようと、「桜木町」徒歩10分以内、築10年以内」で検索して平米単価を比較してみると、「いま売りに出ている物件群の中では確かに安そうだ」と思えた物件も、同じ平米単価で横浜徒歩圏の築15年のマンションと平米単価が変わらなかった、というようなことも少なくありません。

エリアに強いこだわりがある方に、無理に広範囲でお探しになることをお勧めはしませんが、エリアはそれほどこだわらないということであれば、なんとなく住み慣れたエリアに固執するのではなく、一度、全く違うエリアの情報も収集してみることをお勧め致します。

周辺物件を検討すると相場観がわかってきますので自分が検討しているの評価が客観的にできるようになってくると思います。

コラム一覧