仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

建築構造の特徴を活かしたリフォーム / リノベーションがおすすめ(1)

住宅にはさまざまな材質が使われ、それぞれが異なった建築構造の特徴を持っています。

リフォーム / リノベーションを考える際にも、それぞれの材質や構造特性を活かして行うことを考慮することで、よりスムーズに、そして満足のいく仕上がりが期待できます。

ここでは、住宅の代表的な建築構造についてご紹介します。

・木造軸組住宅

木造軸組住宅とは、在来工法とも呼ばれている日本の伝統的な工法で建てられた住宅のことです。

木造軸組住宅はとは柱と梁で組み上げていくことが基本となっていて、これが軸組みと呼ばれ、主に柱と梁で台風や地震などの天災に耐えることができる構造になっています。

現代の木造軸組工法においては、筋交いやそれらをつなぎとめる金物の利用も重要なポイントになっています。

また筋交いの代わりに合板を取り付けている場合もあり、昔からの在来工法と比べると構造用の材料を選ぶ選択肢が増えていて、施工業者の技術や使用する材料によって耐久性の面でも違いがあるので、同じ在来工法でもその出来上がりには大きな違いがあります。

木造軸組住宅は、2階建てまでの場合は法律に定められている範囲であれば複雑な計算は必要なく、ここからも施工業者は慎重に選ばなければいけないことが分かるでしょう。

木造軸組住宅は比較的間取りの制限は受けにくく、基本的に全てが木材で構成されているため、リフォーム / リノベーション工事も融通が利き施工しやすいという特徴があります。

これに対して鉄骨で造られた住宅の場合は、間取りの制限を受けやすく、後から大々的なリフォーム / リノベーション工事がしにくくなっています。

在来工法で住宅を施工しても、鉄骨造りの住宅と比べても十分な耐震性や耐久性を確保することができるので、後からリフォーム / リノベーションを考える場合は、木造軸組住宅がおすすめだと言えます。

特に中古住宅を購入してリフォーム / リノベーション工事を考えている場合は、木造軸組住宅を選ぶことをおすすめします。

・ツーバイフォー住宅

ツーバイフォー住宅とは、厚さ2インチ、幅4インチの規格材を主に建てられた住宅のことで、そこからその名前が付けられています。

ツーバイフォー住宅は、日本の在来工法が柱を主体とした軸組壁工法であるのに対して、壁と床と天井などの六面体の面全体で家を支える枠組壁工法とも呼ばれています。

ツーバイフォー工法は海外から輸入された工法ですが、ツーバイフォー工法はほとんどが国土交通省告示に沿って住宅金融公庫仕様に基づいて厳格に施工されているので、構造的には頑丈で安心して暮らせる住宅となっています。

ツーバイフォー住宅は木造住宅の中でも気密性が高く、耐震性にも優れています。

ツーバイフォー住宅は、家が六面体の1つの箱になっていて、建物を支えている主要な壁がバランス良く設計されているので、とても頑丈です。

ツーバイフォー工法では60平米までの広々空間や吹き抜けやロフトなども選出できるため、まるでアメリカなどの外国の家のような間取りを実現できます。

さらにツーバイフォー住宅は、構造躯体と内装仕上げが分離しているために、インテリア構成にも自由さを楽しむことができます。

ツーバイフォー住宅は低コストで家を建てることができるところも大きなメリットです。

ツーバイフォー住宅は2×4材を中心として、2×6材や2×8材などの限られた構造木材だけで住宅を建築することができるため、材料の運搬管理がしやすいのも低コストで抑えられる大きな要因となっています。

構造木材は全て工場生産による規格品となっているので、大量生産によりコストダウンを実現することが可能となっています。

《無料アプリ物件提案ロボ》

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。

物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。
物件提案ロボ

コラム一覧