仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎ヒートショックは誰にで起こりえます!

寒い季節になり、最近ヒートショックという言葉を耳にすることが増えてきたと思います。

実は若い20代の人がヒートショックでなくなったというニュースもありました。

ヒートショックに年齢は関係はないと言うことです。

特に冬場に気を付けたいヒートショックは、どういった人が特に注意するべきなのかを理解し、家族に年配の方がいない場合も予防法を抑えておくと良いと思います。

ヒートショックとは、室内での急激な温度差が影響で起こる、身体へのさまざまな悪影響のことです。

血圧が大きく変動し、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こし、最悪は死に至ることも少なくありません。

家の中で高齢者が死亡する原因の4分の1が「ヒートショック」だと言われ年間1万人以上が亡くなっており、その数は交通事故の2倍以上だということです。

■ヒートショックに年齢は関係なくすべての人に注意が必要

ヒートショックの危険性が高いのは高齢者ですが、もともと血圧が高かったり、糖尿病、高脂血症、さらには不整脈などの持病を持っていたりする場合は、年齢に関係なく注意が必要です。

スポーツをして血圧が上がったあと、寒い脱衣所で着替え、熱いお湯に肩までつかるなどはとても危険な行為になります。

起き抜けは血圧か安定しないため、冬場は起きてすぐに入るお風呂も危険な行為です。

また、食事や飲酒の後も血圧が変動しやすいので、たとえば晩酌直後の入浴はできるだけやめた方が良いでしょう。

■ヒートショックを防ぐお風呂の入り方

注意すべき場所は浴室、脱衣所以外にもあります。

普通の木造住宅なら廊下やトイレなどもかなりの温度差があるはずです。

我が家はかなりの築年が古いので家のあちこちが寒いです。

高齢になると衣類の脱ぎ着にも時間がかかり、寒い脱衣所で着替えをするうちに身体が冷え切ってしまうということもありますので小型のヒーターなどを置くなど、室内を温める工夫をして頂くと良いかもしれません。

■お風呂の入り方の注意点

ヒートショックを予防する方法には次のようなものがあります。

1.浴室暖房で浴室内を暖める

2.シャワーでお湯を出して浴室内の温度を上げる

3.お湯の温度は38~40度のぬるめに設定する

4.かけ湯をしてから湯船に入る

4.一番風呂は避ける

5.あまり長湯はしない

お風呂の床がタイル張りなどで冷たい場合は、バスマットを置いたり、入浴前に床にお湯をまいたりしておくといいそうです。

ヒートショックが怖いということを知っていても、自分は大丈夫と思い込んでいませんか?

誰もが気お付けるべきことですね。

横浜エリアの間違いない中古マンション選びは空間市場ハコイチで!
《セルフィン》
AI(人工知能)が“買ってはいけない不動産”を一瞬で判定する「SelFin(セルフィン)」です。
操作簡単でしかも無料!

セルフィン

コラム一覧