仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

不動産売却ってどうするの?

マンションや戸建ての売却方法って具体的に接する機会がな方はイメージが湧かないと思いますので詳しくお伝えします。

不動産の売却方法がわからない方はよくいると思いますが不動産を借りる時、買うときはどうするか?この質問は大体の方がポータルサイト(スーモやホームズ、ヤフー不動産)などが思いつく方はいらっしゃると思います。まず我々不動産会社は売却依頼(媒介契約)を頂いたらこれらのポータルサイトに掲載することを考えてます。これは一気に全国の不動産検討者にアプローチをするが出来る最も友好的な方法だからです。また、空間市場ハコイチのように横浜に特化したH.Pを運営しているのであれば地域限定のお客様にアプローチ出来ます。それと同時に全国の不動産会社へ物件を探しているお客様へアプローチして頂くために指定流通機構(レインズ)への登録を行います。
それ以外の方法としては紙媒体を活用することです。新聞の折込チラシを入れたり、売却不動産のエリアを絞りポスティング業者に依頼し賃貸住宅をメインにチラシを配ってもらう方法です。
ただ私たち不動産会社はチラシ配布の際は1枚配るのにいくらという話しになりますので費用対効果をを考えます。費用対効果とは要するに何枚巻いて反響(お客様からの問合せ)があるか?を分析します。10年以上前であればチラシが最も有効な手段と考えていましたが、ネットがこれだけ普及している現在は明らかにネットの方が反応がいいのですが、稀にネットを余り利用しない年配の方はチラシの反応がいいこともあります。ですので売却する不動産のターゲットを絞ってアプローチ方法考える必要があります。
あとは売却不動産が空室の場合いはオープンルームを行います。これは読んで字のごとく実際のお部屋に来場を促して販売する活動です。やはり近隣住宅にチラシを配布して「今週の土日内覧会行います!」的なアナウンスを行い、そのお部屋に待機をしつつお客様をご案内する作業です。これは人気のある物件でお客様の来場が見込めるお部屋ならいいのですが、1日誰も来場しないというお部屋もありますので、そうなると待機する社員は何もする手段が無いので費用対効果からみると難しいこともあります。ただ、売却依頼するお客様にとっては売却が成立した時点で仲介手数料が発生する為、不動産会社がどんな広告宣伝費をかけようが知ったことではないですよね。売れる売れなは当然販売価格にも左右されるわけですので売却依頼は信頼関係の築ける不動産会社とコミュニケーションを頻繁に取りつつ進めていくべきと思います。

コラム一覧