仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

仲介手数料っていくら!?

中古不動産の売買に間に入ってもらう不動産仲介会社に支払う手数料が仲介手数料です。

この金額は売買価格の3%+6万円と上限が決まっております。ここでいう上限とは宅地建物取引業で定められた上限金額でありこの金額を下回ればいくらでもいいということになります。

最近流行りの仲介手数料無料とか仲介手数料50%OFFというのはそれぞれの不動産仲介会社が独自に決めた金額ということになります。
でも、仲介手数料無料となるとこの会社は利益はいったい何処から得るのでしょうか?それは不動産仲介の場合、売主様と買主様双方から仲介手数料を得ることが出来ます。
俗に言う両手ということです。仲介手数料無料とは買主様へのサービスとして無料にしているだけで、売主様からは必ず仲介手数料を頂いております。

空間市場ハコイチサイトでは売主様は不動産業者ですので業者様からは仲介手数料を頂くので買主様は無料にできるのです。
俗に言う片手商売です。
では+6万円とはなんでしょう?厳密に言うと全て価格の3%ではなく売買価格税込が200万円以下の場合はその金額に対して5%、売買価格税込が201万円以上400万円以下の場合はその金額に対して4%、売買価格税込が401万円以上の場合はその金額に対して3%となっております。
それでは、2000万円の中古マンションを売却した場合まず、2000万円のうち200万円までが5%の割合となります。
200万×5%=10万円続いて200万円超、400万円までの200万円分は4%。200万×4%=8万円最後に400万円超、2000万円までの1600万円分が3%。1600万×3%=48万円それぞれを合計して10万+8万+48万=66万円となります。
結局、仲介手数料の上限額を求める「+6万円」の意味は、200万円までの5%に対する(400万円超の場合の3%との差である)2%分の金額の4万円。200万~400万までの4%に対する(同)1%分の2万円の金額を足したものとなります。
ですから、400万円以上の売買価格の仲介手数料を求める場合、わざわざ「200万まで…」と分けて計算する必要はなく、売上価格に3%を掛けて6万円を足せば算出することができるわけです。

コラム一覧