仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

マンション購入時のお金はいくら必要?!

皆さん住宅購入の際に必要なお金はいくらだと思いますか?

購入時の費用を2つに分けると、頭金と諸費用に分けられます。

頭金とは純粋に物件の価格に対して入れるお金です。お札例えば、3,000万円の価格に対して500万円入れるとしたら残金2,500万円が住宅ローンということになります。

一昔前は住宅金融公庫が物件金額の80%までしか組めなかった為、頭金を購入金額の2割入れることが通例な時期もありました。

最近は低金利で物件金額の100%どころか諸費用やリフォーム金額まで組める銀行の商品もありますので頭金はほとんど入れなくても良くなりました。

ただ、この頭金とは別に諸経費はどの物件を購入しようとかかります。

具体的には、所有権移転に伴う登記費用が購入金額にもよりますが30万円~40万円位かかります。

また、金融機関によっては保証料がかかります。

これも住宅ローンの金額によって異なりますが、何十万円単位です。

これは金利に0.2%上乗せで処理することもできますので詳しくは金融機関にお尋ねください。

あと、新築マンションはかかりませんが、仲介手数料がかかります。

一般的には物件金額の3%+6万円。

空間市場ハコイチのように仲介手数料無料の会社も増えてきましたが、大手などは普通に仲介手数料はかかります。

その他は固定資産税や管理費修繕費の精算金額や火災保険料が数万程度かかります。

これら諸費用とは物件金額とは別にかかる金額ですので、総額としては購入金額+100万円程度がイメージでしょうか。

先程も触れましたが、この諸費用まで住宅ローンに組み込むことができますので実際の頭金は0で購入することは可能ですが、注意点としては厳密には手付金というものがかかります。

これは契約時に支払う金額です。

手付金が何故必要かと言いますと、仮に手付金が0や10万円といった少額の場合、もし購入者の気が変わって解約した場合はこの手付金を放棄することになります。

売主様の立場だとこの金額が購入の際の担保ということになりますので手付金が少額となると解約リスクにつながる為、ある程度の金額を求めてきます。一般的には100万円や物件金額の5%といった感じになります。

住宅ローンがOKであれば理論上は頭金0で購入は可能ですが、一時的には手付金を準備しておく必要があります。

 

コラム一覧