仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎マンションに住み替えたいとき一軒家をどう処分すればいいのか

都心部のマンションに住み替えたいけれど、現在住んでいる一軒家はどうすればいいだろかと悩む方は少なくありません。
築年数も経っていて買い手が付くのか不安、田舎で借り手が見つかるか不安という方に、古家を有効活用する方法があります。
それが今の若者たちに人気の地方でのシェアハウス暮らしで、シェアハウスとして貸すことで賃料収入を得ながら、新しいマンション暮らしをスタートできます。

・マンションを購入するための元手づくりと既存住宅の処分について

現在、地方の一戸建てなどに暮らしていて、都心部の便利なマンションへと住み替えを希望する場合、既存のマイホームをどうするかが問題となります。
2軒所有しても一戸建ては空き家として放置され、固定資産税などもかかりますから、売却するか、貸すことを検討することになるでしょう。
では、売れるかというと立地や環境、家の状態にもよってしまい、なかなか買い手が付かないケースも少なくありません。
一方、一戸建てをそのまま貸家としてもすぐに借り手が付くとは限りません。
おすすめの選択肢が、共同生活がしやすいよう、多少のリフォームを施したうえで、シェアハウスというスタイルで貸すという方法です。
一戸建て丸ごとの貸家の場合、ファミリー世帯などが借り手の候補にのぼりますが、マイホーム志向のファミリーが多いため、借りる人が現れない場合や家賃の高さからなかなか借り手が現れない可能性があります。
ですが、シェアハウスは一軒家を複数の人で借りるスタイルなので、一人当たりの家賃が安く抑えられて魅力が生まれ、今人気の暮らし方として話題性もあるので、借り手が集まりやすいのです。

・人気のシェアハウスで賃貸収入を得ながら住み替えを

もっとも、シェアハウスといっても都心部ならまだしも、地方の一軒家に暮らしたい人が現れるわけないと思っていませんか。
実は、最近、田舎暮らしを希望する若者が増えており、のどかな雰囲気の中でテレワークやパソコンなどで仕事をすることや地方で農業など新しいチャレンジをしながら暮らそうという若者が増えています。
つまり、地域の方がシェアハウスに暮らすというよりは、別の地域から若者や田舎暮らしなどに興味がある人が訪れて、借りてくれるということです。
高齢化が進んだ地域にとっては若者がやってきて活気が出ると喜ばれ、若者はこれまでにない経験をしたり、地域の方が農産物を持ってきてくれたり、おかずを作って分けてくれたりと世話を焼いてくれる暮らしが新鮮で楽しいと好評です。
貸す方にとっては家賃収入も入ってくるので、これからの生活やマンション購入のローン返済にも役立ちます。

コラム一覧