仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

マンション管理には種類がある?!

マンション購入の際に価格はや間取り、駅からの距離などの条件面に気を取られて忘れがちですが、管理というのも大切な要素だと思います。

マンションの見学に行った際にエントランスホールやエレベーターが汚れている場合は要注意だと思います。一概に管理といっても大きく3つ種類があります。電卓
1.全部委託管理:マンション管理業務を全て管理会社に委託する形態。

2.一部委託管理:マンション管理のうち一部を管理会社に委託する形態。

3.自主管理:マンション管理全てを入居者の住民で行う形態、但し建物の保守点検などは専門業者に委託。

1.の全部委託は最近のマンションではほとんどがこの形態をとっています。入居者の負担がなく、共用部分の清掃や電球交換などのメンテナンスを全て賄っている為に管理費のコスト負担も一番高いです。このような管理形態は最初は売主業者主導で決められてしまいますが、管理組合が運営し始めるとそれぞれの管理組合で管理会社や管理形態を決めることができますので入居者同士で検討していただければと思います。

そこで管理人の勤務形態の話も出てきます。

1.常駐管理:管理人がマンションに住込みで勤務する形態を言います。どちらかと言えば古いマンションにあるケースが多いです。

2.日勤管理:管理人が通勤して管理を行うケースで、管理会社を入れているマンションの多くはこの形態をとっています。

3.巡回管理:管理人が定期的にマンションを回って管理を行いますので毎日来るというわけではありません。

マンションの規模によっても選択肢が変わってくると思いますが、管理が不徹底なマンションは管理費・修繕積立金の延滞額が多いケースもあります。

マンションの延滞額などは、重要事項調査報告書という書類を取得すれば簡単に調べることができますので、気にいったマンションが見つかった場合は仲介会社に依頼して管理状況を含め調査書類をお願いしてみましょう。

そうすることで目に見えないリスクを回避する手立てになります。

 

コラム一覧