仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

マンション売却時にリフォームって必要?!

住宅購入しましたが、家族構成の変化や転勤など様々な理由で売却することになってしまう方もいます。
そんな時にリフォームをして綺麗にしてから売却したほうがいいのか?という質問をされる方が少なくありません。
では実際にリフォームした方がいいのではないか?答えはNOです。もちろん綺麗な状態の方が購入される方の印象はいいと思います。ただ、果たして費用対効果(掛けたリフォームコストと売却価格との差異)が見合うのかといいますと難しいと思います。中古マンションには相場というものがあります。もちろんリフォームしているマンションの方が高く売却できる傾向はありますし、同じマンションで汚いお部屋と綺麗なお部屋ではいくらか多少価格が高くてもOKですが、リフォームで300万円掛けたとしてその金額以上の金額UPが望めるかといいますとそうではありません。
中古マンション相場は駅距離、広さ、築年数などの要素である程度決まりますのでリフォーム済のお部屋だとしても+数十万位です。むしろリフォームをすることによって買主様の好みに合わず余計なお節介になることもありますので注意が必要です。かと言ってボロボロの汚い状態だとご案内時の印象が悪く購入意欲が盛り上らないと言った懸念点もありますので悩ましいところだと思います。
そこで、最低限の費用で見栄えをよく見せるコツを教えます。先ずはクリーニングです。特に水回りのクリーニングは有効です。これは金額的には3万円~5万円程度ですので費用対効果は期待できます。それと畳の交換もある程度期待できます。畳は1枚数千円~1万円程度で交換出来ますので、シミや解れなどが多くみられる場合は試してもいいと思います。最後にクロス補修もしくは張替えです。クロスが汚なかったり、ボロボロだとどんな使い方をしていたのか要らない不安要素をたきつけることにもなり兼ねないのであまりにもでしたらお勧めです。金額的にも広さにもよりますが20万円~といったところでしょうか。
これらのことから設備交換などのリフォームをガッチリ行うよりは、見た目のエチケット程度のクリーニング+αを行う方が最終的な費用対効果はいいと思います。
売却時には売却依頼する不動産会社とよく相談の上進めてみてはいかがでしょうか。

コラム一覧