仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎有料老人ホームに入る資金はこんなにもかかる!?

皆さんは老後はどこでどのように過ごしたいと考えていますか。
できれば、リラックスできるマイホームで一生暮らしたいという方もいれば、高齢者のみや一人だから老人ホームでも入ろうかと考えている方など様々でしょう。
何歳まで生きるのか、病気になるか、介護が必要になるのかも全く予測が付かない老後の生活には、備えの資金が不可欠です。
では、有料老人ホームに入るとしたらどのくらいの資金が必要になるのでしょうか。

・長期計画で貯めておかないと入れない有料老人ホーム

有料老人ホームといってもピンからキリまであり、料金システムや金額も様々です。
最近でこそ手頃な費用で入れる老人ホームも増えてきましたが、ホテルのような高級設備やサービスが充実しているところほど高いのが一般的です。
老人ホームの入居にかかる費用として、メインとなるのが入居一時金と毎月の利用料です。
必ず入居一時金がかかるところと入居一時金なしのプランを選べるところがあります。
何を意味するかというと、入居一時金は毎月の利用料の前払い的な役割を果たしており、入居一時金を多く払うほど月額利用料が安く抑えられ、入居一時金が少ないほど、月額利用料は高くなるという傾向が見られます。
これは一例ですが、都心部の高級老人ホームでは一時金が1人5,000万円、ご夫婦なら1億円もの費用がかかり、月額利用料は1人16万円程度というところがあります。
もし、一時金を850万円ほどに抑えると、毎月の利用料は53万円にも跳ね上がります。
このほか、介護保険制度による自己負担金は別払いとなるため、これらは最低限必要な資金となるのです。
都心の上級クラスの老人ホームでも、入居一時金は1000万円前後、中級クラスだと500万円ほどで、一時金を払えば月々は15万円から20万円前後ですが、一時金を払わないと月額が30万円から50万円となるので注意しなければなりません。

・元気でマイホームで暮らすのか

有料老人ホームはグレードも高く、24時間介護スタッフが常駐し、必要なサービスを受けられるうえでは安心です。
ですが、一般的な収入を得ていたサラリーマンがご夫婦で入居するのに1億円といったお金や、安くても1,000万円といったお金を準備するのは容易なことではありません。
マイホームの購入さえ3,000万円から5,000万円程度にとどまり、その返済に定年間際まで苦労してきた方も多いことでしょう。
毎月10万円前後の住宅ローン返済でも大変だったのに、毎月1人20万や50万の費用負担は現実的ではありません。
お子様世代に払ってもらうにも負担が大きすぎる額です。
できるのであれば、いつまでも自立した生活ができるよう元気を保ち、高齢者でも住みやすいマンションをお子様世帯やご親族の近くで探すのも選択の一つかもしれません。

コラム一覧