仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

キッチンはI型とL字型とちらが使いやすい⁉

キッチンは女性の気になるところです。

最近は水回りのリフォームで一番多く工事をされる部分がキッチンと言われています。

キッチンはマンションの場合はスペースが限られているのでシステムキッチンの入れ替えがほとんどですが、最近流行りのスケルトン状態からのリノベーションとなるとスペース自体も一から見直すことができますので、L字型やコの字型のキッチンが選択肢に入ってきます。リフォームではどのようにして選ぶべきかということですが、考え方としてはお部屋の広さがベースになってきます。

限られたスペースにL字型キッチンを入れると食器棚のスペースを確保できるかがポイントです。

一般的な70㎡前後3LDKですとI型が主流で向かえの壁に食器棚を置くことができます。

70㎡でも2LDKや1LDKなどスペースに余裕があり食器棚を置くスペースがある場合L字型も検討していただけると思います。

どうしても選ぶ時にはシステムキッチンの見た目にはL字型やコ字型が豪華で使いやすく見えがちですが、食器棚スペースを考えない場合、上部の吊戸棚に毎回の食事毎の食器の出し入れは難しいと思いますし、電子レンジや炊飯器置き場を考えた場合も同様だと思います。

また、L字型はコーナースペースが一見大きく使いやすく見えますがその部分で作業をするというよりかはどちらかというと物置スペースという使い方の方が現実的なだと思います。

工夫をしないとただのデッドスペースになりがちな場合もありますので注意が必要です。

あと、シンクの大きなタイプが増えてきています。

ここも一見水洗いがしやすく感じるので大きい方が使いやすく感じがちですが、シンクの使い方はやはり洗う事がメンイになってきます。

キッチンでは洗った食器を乾かしたり、野菜を切ること、盛り付けをすることなど洗う事以外のスペース確保も重要だと思いますのでショールームでの見た目だけで判断するのは注意が必要だと思います。

そこに食洗器をつけるなど選択肢ももちろんありますが、安くても10万円~となってくると思いますのでまず予算を決めた上で必要な部分の優先順位を付けて選んでゆくのがいいと思います。

高級品になると天板に御影石を採用し見た目をかなり豪華にしたものもあります。

もちろんものとしてはいいものだと思いますが、どちらかというと見た目を意識した部分が多く、デメリットとしてはかなり硬い為、ワイングラスなど少し雑に扱うと割れてしまうこともありますので高級品=使いやすいとはいえませんのでそこにも注意が必要だと思います。

 

コラム一覧