仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

子育てをするためにおすすめのリフォームスタイル

お子様が生まれたり、成長していく過程でお住まいのリフォームをされる際にはお子様の成長に合わせて変化しやすいスタイルをとり入れるのと同時に、お子様とのコミュニケーションを常にしっかりとれるよう、家族が交流しやすい空間設計がおすすめです。

◎子供の様子を常に確認できてお子様にも安心の空間設計
家族

お子様が生まれると直ぐに子供部屋を用意する方や、赤ちゃんのうちから専用の寝室を設ける方もいます。

海外では独立を重んじ、生まれた時から別に寝る、子供部屋を与えるケースもありますが、日本では共働きが増え、お子様と過ごす時間やスキンシップの時間がとれないご家庭が増えているため、なるべく子供とコミュニケーションが図れる状態を念頭においた住まいづくりがおすすめです。

たとえば、小さいときの遊び場は子供部屋のような閉鎖空間ではなく、リビングの一部に確保して、クッション性の床や段差のないバリアフリーなど、室内で駆け回っても安心な状態にリフォームをするといいでしょう。

就学時期になっても低学年の頃や中学校入学くらいまでは、あえて勉強部屋や独立した子供部屋を設けず、リビングやダイニングで勉強できるようなスペースを確保するのがおすすめです。

さらにキッチンを対面式キッチンにすると、リビングで遊んでいる様子やダイニングで勉強している様子を確認でき、お子様との会話も増え、親子の絆を保つことができます。

◎成長に合わせてリフォームしやすい可変的な空間作り

お子様の成長につれて独立心を養い、勉強に集中できるようにするために子供部屋も必要にはなってきます。

成長に合わせてお子様との関係性を変えていけるよう、可動式の壁や間仕切りを導入するのがおすすめです。

小さいうちはリビング内とつなげたスペースで遊ばせ、一人の時間も必要になってきたら可動壁で仕切って子供部屋スペースを作るといったスタイルです。

また、お子様が複数いらっしゃる場合、小さいうちは一緒に1つのお部屋で遊んだり、お互いの面倒をみたり、カバーし合える関係を構築し、受験勉強がスタートしたり、男女の体型の差などが出てくる時期になったら、子供部屋を仕切って2つに分けるなど、お子様の成長に合わせてアレンジしやすくしておきます。

完全な壁で仕切ってしまうと臨機応変な対応ができませんが、今流行りの可動壁を設ければ、1つの広いスペースをその時々の必要性に応じて2つの部屋にするなどできます。

ご結婚の際や、一人目のお子様が生まれた際に、子供部屋を1つ作ると固定されてしまいますが、可動壁であれば、お子様が後から生まれても便利です。

 

コラム一覧