仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎マンション購入の手続きを知ろう!4つのステップでわかりやすく解説

マンション購入時には、さまざまなステップを確実にこなしていく必要があります。基本的には「不動産会社の指示に従えばOK」と言われても……「自分たちでも、適切な知識を身につけた上で対処したい!」と思う方も多いのではないでしょうか。

今回は、こんな思いを抱えているマンション購入検討者に向けて、「マンション購入のための4つのステップ」を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

■ステップ1 資金計画とマンション選び

マンション購入で重要なのが、「どんな物件をいくらで購入するのか」という点です。物件に合わせて予算を調整するのではなく、「無理なく支払える予算に合わせて、購入する物件を選ぶ」というのがオススメの方法です。

資金計画は、現在の収入状況や住居費をベースに合わせて検討しましょう。「いくらまでなら無理なく返済できるのか」を考慮することで、計画を立てやすくなります。

これと同時に、購入するマンション選びもスタートしていきましょう。実際に物件をチェックしてみて、自分たちにとって重要な条件がわかるケースも少なくありません。できるだけ多くの物件を内覧することで、希望の物件を見つけやすくなるでしょう。

■ステップ2 購入申し込みとローンの準備

気になる物件を見つけることができたら、購入の申し込みを進めると共に、住宅ローンの準備も進めていきましょう。ローンを利用するためには、まず事前審査が必要となります。不動産会社や銀行の担当者と相談しながら、ローンの内容や借りる金額を決定していきましょう。

専門的な書類を記載する機会も多いので、担当者の指示のもとで、一つずつ確実にクリアしていくのがオススメです。

■ステップ3 ローン本審査と売買契約の締結

気になる物件を購入することに決めたら、いよいよ売買契約を締結します。それと共に、ローンの本審査を依頼しましょう。

ここを乗り越えることができれば、マンション購入まではもう一歩です。ローンの本審査など、精神的な負担も大きい時期ですが、担当者と共に乗り切っていきましょう。

■ステップ4 ローン契約と引渡し

ローンの本審査が通ったら、住宅ローンの契約を交わし、マンション販売者に向けて代金を振り込みます。代金を支払ったら、適切な手順を経て、マンションが自分のものになります。引渡しを受ければ、いつ引っ越しをしても大丈夫です。夢のマイホームでの生活が、スタートするでしょう。

マンション購入までの流れは、ざっくりとこのようになります。購入予定物件が「中古マンション」で、この後にリノベーションを検討している!という場合には、引渡しが終わった後に、新たな作業がスタートすることになります。

自分たちの理想に合わせて、新たな住宅へと生まれ変わる様子を、楽しんでみてください。

コラム一覧