仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎中古マンションはこんな物件を探そう!

住宅購入を検討するうえで、購入して良い物件か悪い物件かの選定基準をご存知ですか?
恐らく、間取りや設備などから入ってしまう方も多いかと思います。

また、物件探しは、まずインターネットなどで検索した後に内見をされていると思いますが、手当たり次第だと時間と労力がかかりますよね?

そこで時間と労力をかけずに資産価値が下がりづらい物件を選んでいただく為の、選定基準をお伝えできればと思います。

今回はマンションについてです。場所により一概には判断できませんが概ね下記の通りです。

■お勧めできない中古マンション
① 1981年5月以前のマンション(旧耐震基準だからです。地震にも不安要素がありますし、将来の資産価値の目減りが激しくなります)

② 築25年以上のマンション(住宅ローン減税が受けられません)※適合証明書取得できればOK。

③ 登記簿面積が50㎡未満のお部屋(住宅ローン減税が受けられません)

④ 駅から徒歩10分以上かかるマンション(マンションは利便性重視の顧客が購入します)
不動産表記だと1分80mとなります。これは大人の足で少し早歩きなイメージです。

⑤ 総戸数が50戸以下のマンション(管理状況にムラがあり、共用部分が充実していません)

⑥ 管理形態が“自主管理”のマンション(管理人さんが常駐マンションがお勧め)

■お勧めの中古マンション
① 主要な駅(JR、東横線など)で徒歩10分圏内(マンションは立地が大切で常に人気があります)

② 総戸数100戸以上の大規模マンション(共用部が充実し、木々なども立派に育っていたりして、価値が熟成されてきている)

③ 60㎡以上、間取り2LDK以上(家族3~4人で暮らす最低規模、小さいと購入者が限定されます)

④ 築年数が25年以内の物件(最低でも1981年以降の新耐震基準の物件)

⑤ ある程度の知名度のあるぶらんどのマンション(有名マンション)

一概には断定できませんが上記を基準として物件探しをされる事をお勧めします。

おわかりのようにお部屋の間取りや設備の話はほとんどありません。

正直、お部屋の中は最新のリフォーム工事を施すことでいかようにも変化できます。

資産価値の高い物件(特にマンション)を検討の際は先ずは変えられない要素を十分に検討されることをお勧めします。

まだまだ物件これからお探しの方は無料アプリ物件提案ロボをご利用ください。

《無料アプリ物件提案ロボ》

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。

物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。
物件提案ロボ

コラム一覧