仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

マンション購入の際は円満に進めましょう!

中古マンション購入の際は売主様と円満なコミュニケーションをお勧めします。

もちろんお客様だけの問題ではなく仲介業者の役割も重要ですが、基本的なスタンスは売主様と買主様の伝達役となります。

売主様が不動産業者であれば販売会社としてのスタンスがある為、ある程度協力的な部分がありますが、売主様が個人オーナーの場合はそれぞれの考え方やスタンスによって対応は様々です。マンションオブジェ

1番は価格交渉です。

一言で言えば値切りすぎてしまうケースがよくあります。

少しでも安く購入したいのが買主様の考えですが、売主様も最低限度価格というものがあるはずです。

例えば4,000万円のマンションが3,000万円には絶対になりません。

3,500万円も我々仲介業者は出しずらいものです。

もし価格交渉をするのであれば、いきなり大幅な価格の買付申込書を出すのではなく、口頭でニュアンスをつかんでから行った方がいいと思います。

また、購入意思があまりないのに、値段交渉だけ希望する方もいらっしゃいますが、それは売主様に対して大変失礼になりますので絶対に行ってはいけません。

ある程度購入意思を固めて、常識的範囲内での価格交渉をお勧めします。

なお、価格交渉の了解を得られた場合は契約日、手付金の額は速やかに決定しましょう。

2.質問事項が多すぎる。

マンション購入は一生に1度の買い物だと思いますので真剣だと思います。

それが故に神経質になりすぎて相手方に無神経になってしまいがちです。

例えば売主様も気にいって購入した物件の欠点を指摘されるのは面白くないと思います。

汚れや不具合の確認はすべきと思いますが原因や売主様の使用状況を詳しく問いただすことはやめましょう。

また、上下や左右の人の話は長く住んでいる方はご存知かもしれませんが、数年住んで周囲の方と全くコミュニケーションを取らない方もいらっしゃると思います。

話せる方もいれば話せる方もいますので、詳しくは仲介業者を通して行うとスムーズ進められるケースもあります。

お互い人間で、合う合わないはどんな方でもあると思います。

馬が合わないというだけで気にいった物件が購入できないのは本末転倒ですので、上手く仲介業者を交えながら売買交渉を進めて行きましょう!

 

コラム一覧