仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎あらためて「新耐震基準と旧耐震基準」の見極めって?!

中古マンションを検討する際に新耐震とか旧耐震とか耳にしたことがあるかと思います。耐震基準。。。?!なんか難しい文言ですが意外と大切な話です。
要するに地震などに対する強度の基準が明確に変わったことを意味します。

この法律の境目を正確に判定する方法をご存知でしょうか?

建築基準法は1981年6月に変わっているのは、ご存知の方も多いことでしょう。

でも、例えば不動産広告で1981年10月築となっていても、新耐震基準の場合もあれば、旧耐震基準の場合もあるのです。この部分を正確に把握できてないケースが多くあります。

戸建の場合には、耐震補強をしてしまえば性能向上させることができるので、そこまで深刻な問題ではありませんがマンションの場合には、自分勝手には耐震補強ができませんので、特に注意が必要です!

1981年6月1日以降に建物が完成したからといって新耐震基準を満たしているとは限りません。まず、建物を建てる際には、着工前にその建築計画が法令に反していないかの審査を受けなければなりません。それが建築確認です。審査に合格し建築確認された日付が1981年6月1日以降であれば新耐震基準をクリアしている建物です。

また、建築確認日が1981年5月31日までであれば旧耐震基準で審査されています。建物の建築には日にちがかかります。マンションの場合は1~2年程度かかることも少なくありません。「築年月1983年2月」と表示されていても、建築確認日が1981年5月31日であれば旧耐震基準の建物になってしまいます。

広告物記載の築年数は、建物の登記簿謄本の新築年月日をもとに記載するのですが、これは、建築確認申請の日ではなく完工の年月ですので、確認申請との間にタイムラグが生じます。マンションは戸建てよりも規模が大きいので、確認申請~完工までの期間を、最低でも1年間はみておいた方が良いでしょう。例えば、平成築のマンションということであれば、確実に新耐震基準と言えると思いますが、時期がきわどいものは、もう少し詳細な調査を行なう必要があります。

建築確認申請がいつか?は、物件が所在する市区町村の役所で台帳記載証明書を取得することで確認できます。
それでは新耐震基準の物件ではどのくらいの地震に耐えうるのでしょうか?
日本ではたびたび起こる震度5程度の地震ではほとんど被害は受けず、滅多に経験しない震度6~7クラスの地震でも建物の倒壊で命を失うことはないレベルの耐震性が要求されているそうです。

ただ、旧耐震基準の物件だから必ず地震に弱いわけではありませんのでよく検討が必要です。

《セルフィン》
AI(人工知能)が“買ってはいけない不動産”を一瞬で判定する「SelFin(セルフィン)」です。
操作簡単でしかも無料!

セルフィン

コラム一覧