仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎住宅ローンの不安要素あれこれ

住宅購入時に「本当に家を買っても大丈夫なのか?」と悩まれるがいらっしゃいます。

35年ローンの完済までにはいろいろなことがありますよね。

多くの場合、資金計画が不明瞭なことが原因です。住宅購入の資金計画はもちろんですが、住宅以外の出費も含めて長期の資金計画を明確しておくことが大切です。

単純に返済比率(年収に対するローン返済額の割合)のみで物件購入金額を決めてはいけません。

仮に毎月の返済額が現状の収入とバランスしていたとしても、住居費以外の出費が家計を圧迫してしまうことも考えられます。

幼稚園から高等学校で必要な費用の目安は右記の通りですが、子育て世帯であれば教育費の準備も忘れてはいけません。

住宅購入者の年代だと遠い話に思えてしまうのですが、老後資金の検討も必要です。

高齢者世帯(無職)の家計収支(夫65歳以上,妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯)は右記の通りです。基本的に年金収入だけでは生活することは難しく、預貯金を切り崩しての生活となることが明らかです。

老後資金の積み立ても必要なのですが、取り組みが早ければ早いほど対策の選択肢が増えます。

もっともいけないのが場当たり的に判断してしまうことです。

現在の収入で買うことのできる金額で家を買ってしまい、教育費は教育ローンを利用、老後は年金でなるようになる、というのはかなり無茶な判断です。

これでは住宅購入をためらうのも無理はありません。

住宅メンテナンスの費用も計画的に積み立てることが大切です

意外と一般的でないのが住宅のメンテナンス費用です。戸建ての場合は修繕積立金という制度がないため、住宅メンテナンスに対する備えが十分でない家庭が多いようです。

一般的に約30年間で500~600万円前後掛かると言われますので、戸建ての場合でも毎月1万円~1万5千円くらいは将来の修繕を目的とした積立が必要だと思います。

マンションの場合は修繕積立金を積み立てているから大丈夫と考えている方もいらっしゃいますが、専有部内の住宅設備等は一定期間で交換が必要になるため、マンションでもある程度の備えが必要です。

横浜エリアの買っていけないマンションを空間市場ハコイチが判断します!
《セルフィン》
AI(人工知能)が“買ってはいけない不動産”を一瞬で判定する「SelFin(セルフィン)」です。
操作簡単でしかも無料!

セルフィン

コラム一覧