仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎リフォームで叶えるより住みやすい我が家はとは!?

若いうちは元気に動き回ることができた住まいでも、歳を重ねるごとに使いづらいと感じる箇所が増えてくるはずです。
そのままにしておくと、住みにくい家になるだけでなく誤ってケガをすることもあります。
シニアに人気のリフォームを参考にしながら、住みやすい家造りについて考えてみましょう。

・和の空間を取り入れる

おしゃれな雰囲気を求めて設計したマイホームでも、シニアになると居心地が悪いと感じることも多くなるようです。
その原因は、デザインを重視して設計された家は、洋風のものが多いためです。
洋風のデザインは見た目的にはモダンに映るものの、私たち日本人にはどこか合わないと感じるのかもしれません。
そうした方たちに選ばれているリフォームが、リビングやダイニングを和風のものへと変えることです。
一例としては、部屋の一角に掘りごたつを設けるというものがあります。
日本人には馴染み深いこたつですが、ただ部屋の中央に置くのではなく、掘りごたつにすることで足も伸ばしやすく快適な空間を作り出すことができます。
掘りごたつという性質上、その部分だけ室内の床よりも上がるため、特別な場所という演出も加わりリフォームの効果も大きく感じられるはずです。
広い部屋の中に間仕切りを設けることで、和の空間を作り出すといったリフォームも人気です。
通常は従来と同じ洋風のデザインをした部屋ですが、引き戸を閉めることで和室が登場します。
間仕切りによりプライベートな空間が出来上がるため、趣味の部屋として活用するのにも良いでしょう。
部屋全体をリフォームするのと異なり、一部だけ工事をするため費用も安く済むというメリットもあります。

・利便性と快適さをリフォームで実現

バリアフリーもまた、シニアに人気のリフォームです。
廊下や浴室に手すりを設置するだけで、ちょっとした移動もより楽になります。
特にお風呂場は入浴中の事故が多いだけに、シニアだけとは言わず家族全員に安心を与えてくれるリフォームと言えるでしょう。
そうした定番のバリアフリーに加えて、家での時間を快適にしてくれるリフォームもあります。
それがサンルームの設置です。
サンルームとは家から張り出したガラス張りの小さな空間のことで、陽の当たる南側の庭に設置するのが一般的です。
サンルームの利点は、洗濯物が干しやすくなることです。
主婦の方なら誰もが経験したことがあると思いますが、雨が続くと洗濯物が干せなくてとても困ります。
しかしサンルームがあれば雨が入り込まない広い空間が手に入るので、雨の日でも洗濯物を干すことができます。
花粉や黄砂の多いシーズンにも、これがあるだけで洗濯物の悩みも解決できることでしょう。
もう一つの利点は、たくさんの日差しが入り込む空間を作り足せることです。
冬場のように気温が下がる季節は、どうしても暖房機器をフル稼働させないと暮らしづらくなります。
ところがサンルームは四方から太陽の暖かい光が入り込むため、暖房機器など使わなくとも冬場とは思えないぐらいの暖かさを感じられるのが特徴です。
のんびりひなたぼっこできる部屋が欲しい、そんな願いを叶えてくれるリフォームと言えるでしょう。

コラム一覧