仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎新築マンションは本当にお得!?

新築マンションと中古マンションを検討している方も多いかと思います。

日本は新しいもの好きなと言われています。

恐らく、住宅購入でまず考えるのは新築マンションという方が多いと思います。

ただ、何らかの理由(価格や希望の場所がない)で中古マンションに流れて来ています。

そこで最初に検討する新築マンションは正解なのでしょうか?

確かに新築マンションは設備は最新で共用スペースも新しいく気持ちがいいと思います。

また、10年間(躯体)のアフターサービス保証がありますのでそこも大切かつ重要な要素です。

ただ、金額については一概にはお得とは言えません。

新築マンションの価格設定方法

新築マンションの価格は土地の値段と建築費に加えて宣伝広告費やモデルルームの維持管理費、販売会社での手数料など者には関係ない費用が上乗せされています。

中古マンションの価格設定

一方、中古マンションの価格は基本的には需要と供給のバランスで決定されています。

売主様の希望価格はあくまでも希望でありますので全てが反映されるわけではありません。

不動産価格には相場がありますので、何の要素もないままに市場相場に逆らうことはできません。

同じマンション内である程度取引事例のあるマンションでは尚更のことです。

これらのことから新築マンションの販売価格は、相場というものも確かにありますがどちらかと言えば事業主側の都合に決定される要素が多くなります。

中古マンションの価格はある程度市場価格のバランスが考慮されますのでその物件にふさわしい価格設定で他物件とも比較がしやすいと思います。

また、新築マンションは新しい最新が必要でも不要でも標準装備ですが、中古マンションは古いがゆえにリフォームで自分のライフスタイルやに合わせて設備を入れ替えることもできますので自由度が高いと思います。

確かにマンションの共用スペースについては個人ではどうにもならないですが、最近はスケルトン状態にして水回りなど一からを直すことも可能で新築同様になりますのでかなり選択肢が広がると思います。

これらのことを踏まえて新築マンションか中古マンション+リフォームなど検討してみてください。

《無料アプリ物件提案ロボ》

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。

物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。
物件提案ロボ

コラム一覧