仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎シニアに一戸建てが向かない理由

以前は郊外に住んでいたけれども、シニア世代になり街中に引っ越しをする方が増えています。
結婚をしてから郊外に一戸建てを建てたけれども、不便さを感じ街中に戻ってきてマンションに住むというケースも珍しくありません。
なぜ、一戸建てからマンションに住み替えるシニアが増えているのでしょうか?

・部屋数も多く階段の上り下りも大変で手放す方が増えています

シニアに一戸建てが向かない理由は様々ありますが、まず一戸建ては広すぎて無駄が多すぎることが考えられます。
一戸建てと言うと、2階建てもしくは3階建てで、たくさん部屋があることが多いです。
お子さまと一緒に同居されている方であれば、たくさん部屋がある方が良いでしょう。
しかしお子さまが独立して子供部屋が不要になると、部屋がたくさんあっても手に余るようになります。
誰も部屋を使っていないのに毎日掃除をしなくてはいけない、手入れをするのが大変と感じるでしょう。
子供部屋は2階や3階部分にあることも多く、2階や3階にわざわざ上がって掃除をするのが面倒になり、段々と手入れをしなくなります。
シニア世代になり、足腰が弱くなってきて階段の上り下りも大変になってくることも原因です。
夫婦2人だけだと、リビングやキッチンともう1部屋あれば十分になります。
手入れがしやすいように部屋の数を減らしたい、わざわざ階段を上り下りしたくないと考え、一戸建てを手放す方が増えているのです。
マンションであれば各階にエレベーターが止まることがほとんどで、車いす生活になっても安心です。
一戸建てのように自宅内で階段の上り下りもなく、また部屋数も減り、コンパクトな生活ができます。
マンションは4LDKや3LDKといったファミリー向きもありますが、2LDKなど部屋数が少ないタイプもあります。
コンパクトな生活をしたいと考えている方にも向いていますので、ご自身の生活にあわせて選択してください。

・高い固定資産税を払いたくないと引っ越しをされる方もいます

そのほかにシニア世代に一戸建てが向かない理由として、固定資産税が挙げられます。
郊外の広い土地に立派な一戸建てを建てたものの、固定資産税の支払いがつらいと感じ、シニア世代になって都内に近い地域にあるマンションに引っ越しをされる方が増えてきました。
郊外と言っても固定資産税が安くなく、部屋が余っているのに高い固定資産税を払い続けるのであれば、マンションに引っ越しをしとうと検討される方もいます。
定年退職し自由に使えるお金が減るタイミングで、一戸建てを手放すケースもあるようです。

コラム一覧