仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

リフォーム助成金④

【バリアフリーリフォームといったものには、さらなる支援もあり?】

バリアフリーリフォームでしたら、個別案件での補助金制度は色々とあります。こちらは国税の減免措置と併用は可能かと思われますが、重複しての減額は出来ない場合が多いので、国税申告の際にはその点には注意しましょう。

・バリアフリーリフォームの国税以外の補助金制度

アヒル

介護保険制度において要支援もしくは要介護1から5と認定された人が住む住宅で、手すり設置等の住宅リフォームが必要な人に対しては、リフォームにかかる費用の内、20万円までにつきましてはその9割である18万円を補助するという制度です。

補助の対象となります工事内容は実際には決まっておりますし、まざまな手続き等も必要ですので、ケアマネージャーといった介護支援専門員等に相談しながら計画しましょう。

その他に各自治体からも、高齢者住宅改修費支援制度といったものや障害者住宅改造費助成制度というようなものが用意されていることも多いです。介護保険の支援と抱き合わせで利用も可能となっています。助成額や条件については自治体の担当窓口で直接問い合わせてみるとよいでしょう。

【太陽光発電システム他、もっと個別案件に対する支援は?】

現在では多くの自治体において、太陽光発電システムの設置に対する補助、その他の省エネリフォーム工事といったものに対しても、さまざまな補助金政策が施行れています。

・太陽光発電システム、その他の省エネリフォーム工事への補助とは

対象となる工事には、断熱改修に関連している工事や省エネ性の高い昔で言えばエコキュートのような給湯機器の設置、そしてLED照明設置等といった工事があります。

各自治体で条件は異なりますが、工事費の一定割合についてが、5万円から20万円程度を上限にしまして支給されるといったものです。

また耐震診断や耐震補強工事といったことについては、ほとんどの自治体は補助制度があります。これらの補助は年度毎に予算の規模に相違があるので、最新の情報は担当窓口、インターネット等で収集することが必要です。

予算枠に達してしまうと期間中であっても先着順で補助がなくなる場合もあります。その点も注意しての情報収集をお勧めします。

リビングやダイニング、個室の一般的なリフォーム工事につきましては、地元の業者に依頼する場合といったような条件付きのものが多いです。

理由としては、地元経済の活性化を促すという目的でこの制度が創設されているからです。5万円から10万円円程度の補助が一般的な補助金額です。

額としましては大きくありませんが、国税他の補助金制度との併用で利用できるというメリットがあり、まとまればかなりの補助金や減税額も期待できます。

これら個別の自治体等の補助金支援制度については、自治体により要件は様々です。対象となる住宅が該当する自治体に直接問い合わせる必要があります。

またインターネットでも例えば「地方公共団体における住宅リフォームに関する支援制度検索サイト」といったサイトもありますので、こちらを活用して知識を深めることをお勧めします。

ハコイチができるリノベーションのすべてはこちらから→HACO+リノベーションとハコプチリノベ

他のリフォーム助成金についてはこちらから→リフォーム助成金③

 

コラム一覧