仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

リノベーション費用も住宅ローンに組み込むことができれば安心で便利でお得

近年、資産の有効活用とともに優良な中古マンションをお得に購入して自分好みにリノベーションをするという方法が人気になっています。

新築マンションより安く納得のマイホームになると評判のこの方法ですが、費用をどうねん出するのか、ローンの組み方が気になるところです。

・中古マンションを買ってリノベーションする方法が人気
横浜山手公園
新築マンションはお値段的にも手に届きづらいうえ、多くのケースで竣工前に分譲が行われて完売してしまうため、実際の物件を見られないまま買うというリスキーな決断をしなければなりません。

実際に完成してみたら、パンフレットのイメージと違った、使い勝手が悪いなど不満を持ち、直ぐに引っ越したくなる方もいますが、高額な買い物ゆえ直ぐに住み替えができないのも辛いところです。

これに対して、中古マンションなら全ての状態を確認したうえで購入を決定できます。

広さや間取り、傷み具合や設備の状態などを確認したうえでお得な価格で買えます。

気になるのは老朽化具合や室内の汚れや、間取りや住宅設備の古さですが、これは床やクロスの張替、住宅設備の交換などのリフォームや、和室を洋室に変更、間取りを変更するなど住戸丸ごとリニューアルするリノベーションをすることで解決できます。

物件を安く買ったうえで、費用をかけて好みにリノベーションをしても、新築マンションより安く買えます。

・購入費とリノベーション費用を同時に住宅ローンに組み込めてお得

では費用をどうねん出するかですが、一般的には中古マンションは住宅ローンを使い、リノベーションは現金またはリフォームローンやカードローンなどを別途申し込むという方法が考えられます。

住宅ローンは最長35年で固定金利も選択でき、金利も低めで返済もしやすい特徴があります。

これに対してリフォームローンやその他のローンは金利が高め、返済期間が短いなどの違いがあります。

一般的な不動産会社で購入した場合、住宅ローンの手続きはしてくれますが、リノベーションはご自由にというスタンスで、リフォーム業者などに資金の相談をしなければなりません。

これに対し、ハコイチなら中古マンションの購入と同時にリノベーションの相談もでき、しかも、リノベーション費用をマンションの購入費用と合わせて低金利で長期返済が可能な住宅ローンに組み込んでもらうことができます。

提携の金融機関を通じた「ハコイチオールインパッケージ」を利用することで、何度もローンの審査を受ける必要や、必要書類を何通も用意する必要もなく、利息の支払い負担が軽減し、毎月の返済もしやすくなり安心です。

 

コラム一覧