仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

リフォームか建て替えか!?

自分の愛着のある居宅も、5〜10年を過ぎてくれば、簡易なものでは、電気系統から壁紙、床の傷等、ちょっと痛みが出てきますよね。

そうでなくても、カーテンとかちょっとしたインテリアを変えたいとか、絨毯を交換したいとか、気分転換代わりに、内装を変更したくなることも多くなりますよね。

感覚的にリフォーム / リノベーションへ関心がいくという契機のみならず、親との同居による二世帯住宅の要請や、介護が発生してきたことからバリアフリー住宅への改装が求められるといった必要に迫られたリフォーム / リノベーションもありますよね。

時間をかけて考えられる人でも、緊急性がある人であっても、何も予備知識なくリフォーム / リノベーションしてしまうと、求めていた成果が得られないリスクが懸念されます。軽微な変更でもそれなりに時間やお金は掛かるものですから、まずはこちらでリフォーム / リノベーションのいろはについて簡略的な予備知識を身に付けておきましょう。リフォームマンション

・大改装リフォーム / リノベーションの費用

築年数が10〜20年位でしたら、建て替えまでするとなると、それなりに費用や予算もかかりますから、まずはリフォーム / リノベーションと考えるのが普通かと思います。

ざっとした試算ですが、耐震性と断熱性を改善しようとすると、30坪程度の家全体の耐震補強で大体200万円位と考えると妥当かと思います。

それから断熱材を入れるリフォーム / リノベーション。

こちらについては、箇所別リフォーム / リノベーションで500万円ほどとみておいたら良いかと思われます。

壁内部に断熱材を充填する方法でしたら耐震リフォーム / リノベーションと同時施工でスムーズにいきますが、内壁を再度のリニューアルする格好になることから、耐震・断熱リフォーム / リノベーションだけで約1,000万円程度は見積もっておいた方がよいでしょう。

その他、水回りのリフォーム / リノベーションは基本となってくると思いますが、リフォーム / リノベーション専門会社でしたら、システムキッチン、バス・シャワーやトイレ、洗面化粧台込のリフォーム / リノベーションセットで約200〜300万円程度のものを打ち出している会社もあります。

そうなりますと間取変更無で、耐震・断熱リフォーム / リノベーション、水回りリフォーム / リノベーション含めて最低でも1,200万円位の見積もりは必要そうです。

マンションのリフォーム/リノベーションですと、耐震補強などの工事はいらないです。スケルトン状態にしてMAXで標準サイズ(70㎡・3LDK)800万円~1000万円というところでしょうか。

設備や表装工事だけでしたら500万円~800万円位になります。

・建て替えの費用

個人の趣向やこだわり次第では、金額は青天井になってしまいますが、まずは一般的なリフォーム / リノベーション内容で、いくつかの工務店で見積もってもらい、比較をしてみましょう。

建売住宅を扱う工務店ですと30坪3LDKを再建築した場合でしたら、約1,300〜1,400万円程度が一般的な相場のようです。

新築住宅の場合ですと、家のほかに、既存宅の解体工事も必要となってまいります。こちらの平均的な費用としましては、大体130万円程度です。そうなりますと合計で1,500万円程度は最低でも意識しておく必要があるかと思います。

リフォーム / リノベーションでもしかりですが、仮住準備と、引越往復の費用の準備が必要です。

リフォーム / リノベーションですと、大改装でも、住みながらということができることも少なくないですが、建て替えでしたら、まず、少なくとも2か月位は別住まいとなります。その費用も加味する必要がありますね。

 

コラム一覧