仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

リフォーム会社の決め方

こうやってみても一概にリフォーム / リノベーションといっても様々な箇所やスタイルがありますし、それによって期間も金額も多種多様です。

リビングダイニングリフォーム

リフォーム / リノベーション会社に問い合わせても様々な提案が出てくることになると思いますので、もしリフォーム / リノベーションを、と思った時の検討事項をまとめておきましょう。

・リフォーム / リノベーションする際の検討事項

まずは家を建築家に依頼して建てた場合には建築家、建売住宅を購入したのなら販売元に相談しましょう。

その設計や構造を一番分かっているのはその家を手掛けた人だからです。もしそれで解決すれば一番スムーズな形で事が運ぶでしょう。

建築家や建売住宅業者に相談できない場合には、リフォーム / リノベーション業者に依頼ということになると思いますが、その場合でも、折り込みチラシやインターネットの広告を鵜呑みにしないようにしましょう。鵜呑みにしないためにも、必ず複数の会社から相見積もりを取りましょう。

最終的なリフォーム / リノベーション業者の選定にあたっては、近所の評判やインターネットの口コミ等も参考にするとよい思いますが、地元で選ばれることをお勧めします。

地元地域密着型の建築業者、施工業者等のリフォーム / リノベーションでしたら、地域内での評判も立つので下手なことはできないはずです。また何かあった際にも即座に動いてくれる機動力も期待できます。

またリフォーム / リノベーション業者に依頼する際には、最低限のリフォーム / リノベーション部分と、逆に最大限加えても良いリフォーム / リノベーション部分、想定予算と違った場合の折衷案といった三段階構えで業者に臨むとよいでしょう。また見積書については、詳細なチェックで徹底的に疑問点は解消するようにしましょう。

・リフォーム / リノベーション見積もりの留意点

リフォーム / リノベーション会社を選定した場合に、どのように見積もりを聞けばいいのか、またその見積もりに対して、どのような目でチェックすればいいかは、戸惑うこともあるかもしれません。

そういった際に気を付ける点をピックアップしてみました。

・見積もりチェックリスト

まず見積もりを出す会社は複数選定し、その内容を比較して下さい。

その際に有効なのは見積書の比較表を作成してみることですね。

そして見積書を受け取った場合には、要望通りの見積もり内容であるか、不要な内容も盛り込まれていないかどうかを確認しましょう。

見積もり内容では、工事箇所や数量と仕様や単価をチェックしましょう。特に単価はどこまでの工事箇所と内容についての単価なのかをチェックすることも重要です。

また工事範囲についての確認、再確認は怠らないようにしましょう。工事中に追加工事が発生する場合は多々ありますので、その際の工事費についても事前に聞いてみることが大事です。

契約後には一定期間内であればクーリング・オフの適用は受けられますが、基本は変更できません。

契約時まで曖昧な部分は残さないで逐一チェックすることが大事です。また期限付きでの金額提示の会社も多いので、あまりの強引な金額交渉を迫られた場合には注意しましょう。

なかなかはっきりとした料金や手入方法が見えにくいリフォーム / リノベーション。だからこそ、一社で納得しないで、とことん、不明点が無くなるまで質問しながら内容を確認し、吟味していきましょう。

 

コラム一覧