仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

リノベーション費用どのくらい?!

大改装リフォーム / リノベーションや建て替えも考慮にいれた大枠の大きな資金の流れからみてまいりましたが、そこまで費用は出せないとか、逆にそこまでの改装は必要ないけど、必須の改装内容として挙げられる代表のリフォーム / リノベーション例がバリアフリーリフォーム / リノベーションですね。

バリアフリーにするといったリフォーム / リノベーション内容としましては、床段差の解消から、階段等の手すり取付け、ドアの引戸への変更といった小さい改装工事から、廊下拡張、水まわり移転、ホームエレベーター取り付け等の大規模な工事に至るものもあり、費用も数千円から1,000万円単位まで幅広くあります。
状況や予算に合わせて、計画は出来るだけじっくりと行う必要がありますね。お金

・それは家に必要な改装?それとも不必要?

もし急を要して必要といったバリアフリーリフォーム / リノベーションでなければ、その前提はいざと言う時に困らない、将来の状況に対応できる下準備といったことです。

そのため不必要なリフォーム / リノベーションを行うことは却って邪魔になったりします。

例えば、手すりの取付け位置は、年齢や身体の状態により、高さ、左右、向きにも相違が出てまいります。廊下の両側に手すりによって車椅子が使えなくなったという例もあったりしますね。

また床の段差は確かに嫌ですが、ミニスロープを取り付けるだけなら、自分でもできたりすることもあります。

そうはいっても、必要最低限の例えばシステムバスのバリアフリー用の変更と、自分では出来ないものもございますよね。

そういった個別のリフォーム / リノベーションについては、箇所別リフォーム / リノベーションで対応させた方が安上がりということもありますから、要所要所で考えていきましょう。

【水廻りの箇所別リフォーム / リノベーションの費用】

リフォーム / リノベーションで一番先に必要となってくるのは、なんといっても腐食の度合いが高くて早い水廻りのリフォーム / リノベーションです。こちらのリフォーム / リノベーションでしたら築10年位から改装したいという例もでてきますし、バリアフリー用といった個別案件でしたら、築年数関係なく別途発生することは往々にしてございます。

こうした水廻りの箇所別リフォーム / リノベーションの相場や費用って大体どのくらいなものなのでしょうかね?

・バスルームからキッチンまで

まず色々な用途で変更希望が多いといわれるバスルーム。こちらの相場は50万円位から150万円位といった幅があります。床や壁をタイルで貼った在来工法からユニットバスへ、ユニットバスから新たなユニットバスまたは多機能なユニットバスに入替等、リフォーム / リノベーション方法によってその費用にも差が生じます。

在来工法からユニットバスでしたら100万円から150万円、ユニットバスから新たなユニットバスへは60万円、ユニットバスから多機能なユニットバスへは100万円といったところが相場でしょうか。

トイレでしたら、30万円〜100万円位の幅となります。和式から洋式のシステムトイレへのリフォーム / リノベーションですと100万円位、洋式から多機能洋式となりますと50万円位、床材、クロス変更は10万円位、様式トイレを暖房温水洗浄便座へ変更する場合は10万円位、トイレの増設になりますと約50万円程といったところでしょうか。

キッチンのリフォーム / リノベーションについては、希望によりケースは様々考えられます。

キッチンの総入れ替えから、コンロをIHクッキングヒーターに変更、アイランドキッチンにしたい等々考えられます。キッチンの総入れ替えでしたら50万円から100万円位、キッチンのみの取替でしたら50万円から100万円位、IHクッキングヒーターへ変更でしたら30万円から50万円位、アイランドキッチンへの変更は100万円から400万円位と言われています。

洗面所につきましても、手洗や洗面といった機能のみではなく、化粧品やタオルなどの収納に配慮したリフォーム / リノベーションが求められることもあるでしょう。

また洗面などの交換であっても、美しいボウルやタイル仕上げなど、希望する素材次第では値段が跳ね上がってしまうこともあります。

このような特別な要望がある場合でなければ、システムタイプの洗面台への変更で40万円から100万円位、最低限の機能変更でしたら20万円位が相場のようです。

【リビングの箇所別リフォーム / リノベーションの費用】

特に家族の多い家庭ですとか、二世帯住宅になってきますと、限られた空間で広いスペースの確保が必要となりますよね。

単にフローリングや壁紙の張替だけですと、それほど費用は掛かりませんが、子供と親、祖父母との使い分けができるように、洗面やキッチンやダイニングを二つ設置するという案ですと、そこそこ大がかりとなってきます。

そこまでリフォーム / リノベーションするのなら、折角のことだからと、キッチンやダイニング、リビングを一体化させるようなLDKへの仕様変更もと考えることも少なくないと思います。

そういった場合の費用はどの位になるのでしょうか?

・リビングのリフォーム / リノベーション費用はリフォーム / リノベーション内容で差が?

リビングのリフォーム / リノベーションは単に床をフローリングにするだけということですと簡単ですが、キッチンとダイニング及びリビングが区切られているものを一体化してリビングダイニングキッチンに変更する場合には、仕切り部分・柱の撤去が伴いますので大掛かりになってきます。

現在のフローリングを新しいフローリングに変更、といった改装でしたら50万円位が相場のようです。

また、リビングの一部に畳スペースを設置する程度ですと20万円から50万円位で済みますが、和室をフローリングに変更する場合には100万円位、キッチンやダイニングリビングをLDKへと仕様変更となりますと150万円から200万円位が最低ラインで、場合によってはもっと必要となるでしょう。

【エクステリアリフォーム / リノベーションの費用】

エクステリアってどこの部分を指すのか判りますか?

エクステリアとは、住居の外周の空間を指し、外構と呼ばれることもあります。エクステリアや外構のリフォーム / リノベーション費用は50万円未満のものから200万円以上のものまで、その内容によってかなり幅が生まれてきます。

門扉の交換や取付、駐車場の補修程度ですと数十万円前後で改修が可能ですが、塀の一部を取り払うといったような家の構造に手を加える必要のある改修ですと100万円近くにはなることあるようです。

・エクステリアのスタイル

エクステリアには、道路と敷地をフェンス等で仕切らない「オープンスタイル」と呼ばれるものと、門扉やフェンス、生垣などを設け敷地周辺を囲う形の「クローズドスタイル」、それからオープンスタイルとクローズドスタイルの中間のスタイルで、例えば駐車スペースをオープンで他はクローズドにするとか、フェンスや植栽は低めで仕切りはあるものの開放感を持たせるといったタイプなど色々とあります。

このようなスタイル自体の変更のほか、門扉やフェンスなどの要素で様々なリフォーム / リノベーション形式が出てきますし、その内容によって金額も様々です。デザインや機能性を考えたものを検討したいですね。

 

コラム一覧