仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎中古マンションは共用部分もチェックする!?

中古マンション購入時はどうしてもお部屋の中を中心に見てしまいがちですが、マンションのエントランスから管理人室、駐輪場、ゴミ置き場などチェックすることもお勧めします。それはそのマンションの管理状況や住んでいる人のモラルを反映していると言っても過言ではありません。

1.管理人勤務形態は常駐か巡回か?
 マンションの管理人は週3~5日常駐というところが多いのですが、巡回はいつ来てどのくらい滞在してくれるのかを尋ねた方がいいです。管理人が目を光らしているとポスティング業者はやみくもにチラシ配布が出来ません。ただ管理人が居ない場合は不法地帯です。集合ポストゴミ箱が溢れていたりしていたら要注意です。

2.自転車はきちんと整理整頓されて置かれているか?また台数は守られているか?
 自転車が整理整頓して置かれているか否かは住んでいる住人のモラルの水準が明らかになります。もし乱雑に置かれていたり、壊れて使用されていない自転車が放置されてたら要注意です。またそこに管理人が手を入れないのも問題ですね。

3.エレベーターが清掃されているか?
 エレベーターの汚れや落書きがないかもチェックすべきです。マンションによってはペット飼育可の場合は臭いなどないかも注意事項です。

4.ゴミ置き場が汚れていないか?収集日が守られているか?
 ゴミ置き場はマンションによって出し方が異なります。屋根付きで24時間ゴミ出しOKの物件なども多くあります。この場合はきちんと分別収集できているか?粗大ゴミなどは回収費用シールが貼られているか?また、24時間ゴミ出し出来ない物件は収集日に管理人がある程度整理しているはずですので、収集日以外にゴミが散乱していたら要注意です。

5.その他宅配ボックスなどがあるマンションは荷物が入れっぱなしではないかや、壊れていないか?またエントランスホールや共用廊下の電球が切れていないかや手すりなどがさび付いていないかなどのチェックも必要です。

これらのことからマンションの部屋の設備や間取りに注視しがちですが、共用部分のチェックをすることによりどんな人が住人にいるかや、管理体制の判断も出来ると思いますのでしっかりと確認しましょう。

コラム一覧