仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

シニアが一戸建てからマンションに移り住むメリットとは

シニアというと縁側で寛いでいる様子や、畳の和室でこたつにあたって過ごすといった絵が浮かんできますが、今どきのシニアは、老後は庭付き一戸建てより都心部や駅近のマンションを選ぶ方が増えています。

若い世代に人気のありそうなマンションですが、シニアが多くの人が憧れを持つ庭付き一戸建てからマンションへと住み替えをするのは何故なのか、その理由を見ていきましょう。

・住みやすくて快適
アヒル

高齢になると自分ではできない事が増えてきたリ、身体能力の低下で転びやすくなったり、移動が制限されるケースも増えてきます。

一戸建ての場合、部屋と廊下、玄関などに段差があることや、二階に部屋があれば上り下りが必要となり、若い頃は問題なかったことが、高齢になるほど難しくなってきます。

マンションの場合、一般的にはワンフロアですべての生活ができる構造となっており、特に近年建てられたマンションはバリアフリー設計になっていて段差がない、手すりがついている、廊下や間口、トイレに至るまで車椅子でも移動できるだけのゆとりある設計になっているなど住みやすさが確保されています。

また、一戸建ての場合は自分たちでメンテナンス計画を立てて、修理や外回りの掃除を依頼しなくてはなりませんが、マンションの場合は修繕積立金や管理費を支払うことで、共用部分の計画的な修繕や日々の清掃をしてもらえるので、快適に住み続けることができます。

・安心の暮らしを実現

一戸建ては一般的に駅から少し離れた住宅街にあることが多く、地域の高齢化が進んで、空き巣被害などが増えているほか、買い物に行くにも不便、病院や役所などに行くのも時間がかかるといった生活上の不安が年齢とともに生じてきます。

若い頃はマイカーや自転車での移動もスムーズだったのが、運転に不安が出てくることで活動範囲も制限されてしまい、生活が不便になることも少なくありません。

一方で、マンションは駅近や都心部にあることが多いため、都会や駅近のマンションに移転すれば、直ぐ目の前にコンビニがあって用を足せ、クリニックや金融機関、役所なども歩いて直ぐの距離にあって、高齢者でも便利に利用できます。

鉄道の駅やバス亭にも近く、外に出ればすぐにタクシーがつかまるなど交通の利便性がいい地域に建つマンションも多いので、シニアになっても活動範囲を狭めず、快適に暮らせます。

マンションはセキュリティも高く、オートロック設備や防犯カメラの稼働で、不審者の侵入防止や留守の際もしっかり家を守ってくれるので、シニアのみでも安心して暮らせるのもマンションが選ばれている理由です。

 

コラム一覧