仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

収納が足りず散らかったお住まいをDIYで解消

押し入れやクローゼットだけでは物が納めきれない、タンスや食器棚、本棚を置いても足りないなど、部屋が散らかって困るという方に安上がりで気軽にできるのが、ご自身によるDIYで収納スペースを作ってしまうことです。

同じスペースでも整理整頓がしやすくなると、収納力がアップしますので、DIYで解決をしていきましょう。

◎室内の空間を活用
中古マンションクローゼット
お部屋の空間を増改築で増やすわけにもいかない場合には、既存のスペースや設備をどうにか収納スペースに変えられないかという工夫や発想が大切になります。

たとえば、キッチンがカウンター式になっている場合、その下を収納スペースに変えてしまうのがおすすめです。

カウンターの大きさにもよりますが、わずかでも細い収納スペースができます。

カウンター下の壁に縦と横に板を取り付け、調味料などのキッチンアイテムを置いたり、食卓のこまごました物を置いたり、飾り切れない置物などの収納をはじめ、溢れているCDやDVD、本などを並べることも可能です。

カウンター下のようなデッドスペースが家の中には意外にあります。

2階へと繋がる階段の下など隙間が空いていてもったいないと思ったら、収納しやすい状態にDIYをしてみましょう。

また、壁を収納スペースに変えてしまう方法もあります。

リビングやダイニングの壁に板を設置することで、飾り棚代わりや本棚代わりになります。

壁の場合、しまいこむ収納ではなく、見せる収納となります。

見せてもカッコいい物、コレクション品やお洒落な雑貨、人に見せても違和感のない品物などを納める場所としておすすめです。

どんな品物を片付けたいのか、何が片付けられれば部屋がスッキリするのかを考えながら壁の活用もしてみましょう。

◎室内の設備を利用

押し入れやクローゼットを上手く活用されているでしょうか。

入れ方によってはよりたくさんの品物が収まり、出しやすくしまいやすくなるはずです。

押し入れに押し入れ用の収納ケースを入れてみたけれど、隙間が空いてもったいないとか、押し入れの上のほうを活用できていない場合などの場合は、DIYで板を張ったり、100円ショップやホームセンターなどで安く手に入るすのこや仕切り、プラスチック製品などをうまく活用して隙間を埋めたり、キレイに整理整頓ができるスペースを作るのがおすすめです。

押し入れにハンガーラックを設置するだけでも、マンションのクローゼットのようになります。

古い木造住宅でもお洒落な収納空間へと変化させることができます。

 

コラム一覧