仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

スケルトン状態と資産価値について

建築用語で、建物の骨組みのことを「スケルトン」と言います。

ライフスタイルに合わせてリフォームを自在に対応できるスケルトンならば、将来的に高く転売することも可能です。

逆にスケルトンに欠陥があると資産価値は下がります。すなわち、マンションの資産価値はスケルトンで大きく左右されるといっても過言ではないです。

リフォームに適した構法についてお話しすると、スケルトン構法によって分類すると、「ラーメン構造」と「壁式構造」の2種類に大別することができます。
マンション建築現場
「ラーメン構造」とは、柱、梁、耐力壁、それにコンクリート床で形成されたものです。

柱や梁の出っ張りが少し気になりますが、窓や扉などに大きな開口部が取れるのが特徴です。

専有部分内にコンクリート壁がないので、リフォームなどでも間取りが自由に変えられます。

一方の「壁式構造」は専有部分の壁の一部が建物を支える「耐力壁」になっているものです、これとコンクリート床で形成されています。

見た目には、柱や梁の出っ張りがなくスッキリしていますが壁の量と位置がある程度限定されてるため、間取りが自由に変更できません。

また、高層建物には不向きの為、主に5階建て以下の低層マンションに使われる構法です。

また、「PRCアンボンド工法」という工法も登場し目障りな小梁をなくして、開放感のある広い空間を確保できるようになりました。

これですと後々模様替えがリフォームする際の自由度が大きくなりますが、それなりにコストがかかってしまいます。これから中古マンションを購入してリフォーム工事を検討されている方はマンションの場所や価格も当然ながら、自分でどんな間取りにしたいかを考える時に、これらのスケルトン状態の構造ま確認しておくと、より自分の理想の住まいに近づけると思います。

 

コラム一覧