仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

所有権と借地権について

今回は所有権と借地権について勉強しましょう。

「所有者」とは、文字通り土地を所有する権利ということです。

お金を支払って土地を購入すれば、その土地は自分のものになるということですから、自由に利用して構わないのと、売却や贈与、相続する事も自由になるということです。

それと同時に義務が発生します。それは税金です。

その土地に関わる固定資産税や都市計画税の支払い義務が発生することを承知おきして頂きたいと思います。

所有権のメリットは自分のものですから、安心して住み続けることができるという点ですが、当然ですが購入時の負担(価格)はその分高くなりますが売却時にはその分上乗せとなりますので、価格は地価にも大きく左右されるということも大事な要素と思います。

中古マンション図面

続きまして、「借地権について」です。

借地権も文字通り土地を借りるということです。

基本的には建物を建てす前提での土地の貸し借りを言います。借地なわけですから、所有権のように税金を納める義務は発生しませんが、「地代」を土地所有者に支払う義務が発生します。

購入時に住宅ローンの審査が稀に厳しくなることがあります。

また借地権には「地上権」と「賃借権」があります。「地上権」とは、物権(財産権)であり、土地を直接的支配できる強い権利があります。

地上権者は地主の許可を得ることなく第三者に対して、地上権を譲渡したり、貸借することができます。

また、土地所有者には地上権を登記する義務が発生します。これに対して「賃借権」は債権であり、賃借人が目的物を貸すという行為を通じて土地を間接的に支配できるのみで、地上権ほど強くはありません。登記に関しても義務が生じないので登記しないのが一般的です。

不動産購入時には、土地の権利を確認することが重要です。借地権の物件は戸建て、マンションに限らず価格はお安めですし、税金を支払う義務もありませんが地代を支払うことが一般的です。また契約期間や更新料などに付いての確認も必要だと思います。

不動産購入時には是非ご自身のライフプランに合わせて、所有権や借地権良くお考えの上購入して頂きたいと思います。

 

コラム一覧