仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

新耐震安心!?旧耐震不安!?

中古マンションの案内をしていて、よくお客様から「旧耐震だから心配です」というようなお話をよく頂きます。

本当にそうなんでしょうか?

現在では1981年以前の基準を「旧耐震」、以後の設計法を「新耐震」と呼んでいる。

それまでの「旧耐震」では、震度5程度の地震に耐えられることが基準と考えられています。

しかし、「新耐震」では、建物の倒壊を回避するだけでなく、建物内にいる人の命を守ること、まれに起きる震度6〜7程度の地震では崩壊・倒壊しない耐震性を求めています。

マンション建築現場

中古マンションの場合は新耐震設計基準が施行された1981年6月1日以降に建築確認申請がされたかどうかで見分けます。

建築確認日が分からない場合は、マンションの場合は工期を1年〜1年半程度とみて建物の完成が1983年以降なら新耐震と考えられています。

では、旧耐震基準の中古マンションは安心できないのでしょうか?

旧耐震基準による物件は、1982年以前に完成したものですから、おおむね築30年を超える物件が該当します。

結論からいうと、耐震基準の「新旧」だけで二者択一的に良し悪しを判断することはできません。

新耐震基準ができた1981年は、建築基準法が誕生してから30年ぶりの抜本的な大改正でした。

それくらい大きい変化があったために、1つのボーダーラインとして語られることが多いのです。

しかしそれ以前から、大きな地震がある度に、構造に関わる規定は徐々に強化されてきました。

確かに、1995年に発生した阪神淡路大震災の被害状況を見ると、旧耐震基準の建物の約30%が大破以上の被害を受けたのに対し、新耐震基準の建物の大破は数%に抑えられています。

では、1971年以前にできた築40年を超える建物についてはどうでしょうか。

実は、築40年を超える中古マンションは非常に数が少ないのです。

当時にできたマンションは非常にグレードが高く、高級物件も含まれています。

その中には耐震構造的に安全性の高いレベルで建築されている物件も、かなり含まれているのではと考えられます。

また、このような住宅に住む居住者は、資産価値に対する意識も高いため、耐震性について問題がないかをきちんとチェックしているケースも珍しくありません。

実際、築46年のマンションでも耐震診断をした結果、新耐震基準をクリアする強度があることもあります。

単純に、築年数だけで建物の耐震性を判断することはできないといえるかもしれませんね。

現在は、強度を調べる、耐震診断というものがあります。新耐震基準と比べてどの程度の水準か

を確認してみる事が大切だと思います。

 

コラム一覧