仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

新築マンションと中古マンションは諸費用が違う!?

マンション購入の際は新築マンションでも中古マンションで価格以外に諸費用というものがかかります。大きく違う点は仲介手数料とリフォーム費用でしょうか。リフォーム費用はかける方とそうでない方がいらっしゃいますので一概には言えませんが、70㎡位の3LDKでスケルトンからのフルリノベーションでしたら800万円~1000万円位かかることもありますのでライフスタイルに合わせてリノヴェーションしたいという人は予算を把握したうえで検討しましょう。またカーペットの床をフリーリングに変更することを管理規約で禁じているケースがあります。床の性能は上下階の遮音効果に影響するのでフローリングの性能に基準を設けているマンションも目立ちます。キッチンやバスルーム、トイレなどの水回りの交換でしたら300万円程度~といった感じだと思います。一方、仲介手数料は中古マンション購入の際にはほぼほぼ発生してきます。一般的な考え方は宅建業法での上限価格である物件価格×3%+6万円の消費税という計算方法です。以前も触れましたがこの金額はあくまでも上限金額ですので、この価格を超えない金額であれば不動産会社によっていくらでもいいということになります。例えば3000万円のマンション購入でかかる仲介手数料は税込みで103万円という金額になりますのでこの金額は半分になるだけでも約50万円という金額が減ってきますので大きいですよね。まして中古マンションは1つしかないのでどこの不動産会社から購入しても同じ条件です。よく大手不動産会社から購入した方が安心という声を聞きますが、新築マンションであれば売主不動産会社の規模や実績が重視されます。これは新築マンションですと躯体や設備などの場所に応じてアフターサービスがあるので大事な要素だと思います。ただ中古マンションの場合、売主が不動産会社の場合はその会社が瑕疵担保責任や設備について概ね2年間アフターサービスを見ます。ただ、売主がエンドユーザーの場合はそもそもアフターサービスという考えはなく現状渡しということになりますので、不動産仲介会社がどこであろうが購入する条件は変わることはありません。従って仲介手数料が少しでも安く購入できる方がお得だといえます。

コラム一覧