仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

高齢者向け住宅には様々な違いがあります

高齢化が続く日本の中にあって福祉事業を手厚くすることは喫緊の課題となっております。

そのため老人ホームも多様化を見せており、まだ介護度が少ない人向けの自立支援施設やシニア向けの分譲マンションなどがあります。

老後の生活をどうしようか悩んでいる人にとってこうした施設の違いを見極めるのはとても大切なことです。

今回は様々な高齢者向け施設を紹介していきます。
植木

・介護の必要がない方はサービス付き高齢者向け住宅へ

サービス付き高齢者向け住宅は一般的に「サ高住」と略される施設です。

こちらの施設は自分で自立しながら生活できる高齢者のためのもので、ある程度のケアはしてほしいけれど基本的には自由に生活したいという方にぴったりのものとなっております。

一般的な老人ホームは常々ケアマネージャーに隣にいてもらったうえで介護してもらうのですが、当然ながらそれだけ生活の自由度は低くなってしまいます。

サ高住の場合はそうした心配が一切いらないので普段通りの生活を行うことができます。

とはいえ、一人暮らしをするうえで孤独死に見舞われる高齢者は少なくありません。

そうしたことを防ぐために安否確認を行う、生活相談をしてくれる相談員がサ高住にはいるので、ある程度安心して生活することができます。

費用に関しても通常のアパートと同様敷金や礼金が必要で、公共料金などを支払う必要があります。

最低限のケアがついている賃貸住まいとイメージすればいいでしょう。

・まだまだ諦めたくない人は自立型有料老人ホーム!

老人ホームに行くと自立への道が断たれるのでは、と危惧している方は多いでしょう。

老人ホームに入居はするけれどまた元の家で暮らせるようになりたい、という方には自立型の老人ホームがオススメです。

自立型老人ホームではリハビリ施設がしっかりしているので、手足の運動を十分に行うことができます。

寝たきりを防ぐための起き上がりの練習などもできますので、生活の質を高めたい人にうってつけの施設です。

費用に関しては通常の老人ホームと同様に入居金がかかってしまいます。

とはいえ、短い期間で退居できるように運動に励めば費用を抑えることは十分に可能です。

最後にシニア向け分譲マンションはサ高住と同様、自立した生活を営みたいという高齢者の方のための分譲マンションです。

入居費はサ高住に比べていくらか高くついてしまいますが、その分施設は充実しており、入居者同士の交流のためのスペースなども設けられています。

より質の高い生活を営みたいという方にとってはこちらを選ぶといいでしょう。

 

コラム一覧