仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

手付金ってなに!?

新築マンション、中古マンションに限らず住宅購入の際に初めてお金の話が出てくるのが手付金というものです。間違えやすいものに申込み金というものがありますが別物です。申込み金は物件購入の意思表示をする際に申込書があります。この書類にサインをすることと同時にお預かりする金額ですが、新築マンションの購入時の文化で中古マンションではほとんどお預かりすることはありません。またこの申込み金はキャンセル時に戻せる金額です。
これとは反対に手付金は別の性質のお金で購入意思を確定し、契約時に支払う売買価格の一部のお金を言います。もしキャンセルする場合にこの手付金は戻ることはなく自己都合でキャンセルする場合は没収になります。
いわゆるキャンセル料のような性質のお金ということになります。これは売主様にも同条件の話になりますので、もし契約終了し手付金を受領した売主様が自己都合でキャンセルしたい場合は支払い済の手付金が戻ります。そしてその手付金と同額の金額が買主様に支払われることになります。これらの事から手付金はキャンセルしない為に支払う金額ということになります。ですから申込み金と違い購入意思が固まらないうちに手付金の支払いはやめるべきと思います。
では、この手付金はいくら位なのでしょうか?
一概に決まりはありませんが、物件の5%~10%位が目安となっております。3,000万円の物件であれば150万円~300万円位です。もちろん金額交渉は可能ですから100万円でいかがですか?という話もできると思いますが、あまりにも低い10万円とかになりますと、キャンセルされるリスクが高まりますので難しいと思いますし、先程述べたように意思が固まって無いようでしたらいくらでも支払うべきではありません。
一方、先程、自己都合という言葉をあえて使いましたが、自己都合でない場合もあります。例えばローンが否決された場合は自己都合ではありません。ただ、契約時の条件としてローンの事前承認をもらうことは前提となります。ただ、稀に事前審査がOKだとしても本審査で否決されることもありますのでこの場合手付金は戻ります。それ以外は天災事変で物件自体に引渡しが出来ないような事由が発生した場合も自己都合ではありませんので返金ということになります。
このようなことよく理解して手付金の支払いに望んで下さい。

コラム一覧