仲介手数料無料の物件さがし。

hakoichi column

◎中古マンションの魅力って

新築マンションと中古マンションを悩む方は多くいらっしゃると思います。

そこで、新築マンションは読んで字のごとく新しさが最大の魅力だと思います。

反対に中古マンション最大の特徴は、築年数にもよりますが、同じような立地条件の新築マンションに比べて2割〜4割程度安価であるということです。

新築住宅は車と同じく購入した時点で2割程下がると言われています。
それは新築デベロッパーの利益や広告宣伝費が上乗せされていることから推測できます。マンション購入ともなると物件価格が数千万円に及ぶため、少しの価格差でも日常生活に大きな差をもたらします。

物件購入価格が数百万安くなることで、毎月の住宅ローンの支払いにも差が出ます。

「金利0.6%・35年返済」を前提条件として住宅ローンを借りる場合、500万円の価格差があれば毎月の支払いが約13,000円も変わります。

「新築マンション」も一度居住するとその瞬間から「中古マンション」になるのです。
中古マンションを購入したほうが家族の幸せを実現しやすいのかもしれませんね。

◎中古マンションの魅力

・実際のお部屋を確認してから購入できる

・ある程度価格がこなれていますので資産価値が安定している

・自由に部屋の中のリフォームを行える

・消費税がかからない

その他、マンションが資産価値を維持していくためには、しっかりとした管理が継続することが大切です。

「管理員がどんな人か?」「清掃の状況?」など日常生活に関わる管理もあれば、「計画的な修繕工事が実施されているか?」「修繕積立金は計画的に貯まっているか?」などの情報は重要事項調査報告書などからも知ることができます。
当然管理会社の質や入居者から構成される管理組合などの情報も大切な要素になります。

また、隣接住戸にどんな方がお住まいなのか、小さいお子様のいる家庭があるのかなど、マンション全体としてどのような年齢層で構成されているかなどを確認することができ、ある程度の情報収集を行うことができます。

それ以外にも中古マンションは、各マンションが販売された時代のニーズに合わせて設計されているため、マンションの雰囲気や設備のグレード、住戸サイズなど豊富なバリエーションからご希望に合った住居を探すことができます。

お部屋の内装などは、流行りのリノベーションを施すことにより、自由に思い通りに変更することが可能ですが、マンションの外観や共用スペースの雰囲気などは変えることができない要素となりますのでその辺の好みなども考えた上で購入されるといいと思います。

《無料アプリ物件提案ロボ》

希望の条件に合う物件情報を自動でお届けするロボットです。

物件情報だけでなく、物件の資産性をビックデータと比較して評価書付きで物件情報をお届けするサービスです。
物件提案ロボ

コラム一覧